沖縄・本部町/八重岳ベーカリーの黒パン

Pocket




我が家の冷凍ストックに欠かせないのが八重岳ベーカリーの丸パン。

写真は黒パンといって、八重岳ベーカリーの看板商品。

全粒粉80%の生地ながらふわふわな柔らか食感、

八重岳のシークワサー果汁も入ったパンです。

6連が特徴的なこのパンが買えなくなったら、私はだいぶ困ると思うのです。

ということで、今回はそんな八重岳ベーカリーの丸パンの話を。

では早速。

【八重岳ベーカリーの基本情報】

(住所) 沖縄県 国頭郡本部町字伊豆味1254

(電話番号) 0980-47-5642

(営業時間) 10:00 ~ 17:00

(定休日) 土曜日

お店のHPはこちらから。




本部町/八重岳ベーカリーのパンは子供にも安心!

八重岳ベーカリーは、本部にあります。

お店の場所はかなり緑に囲まれた場所です。

初めてお店に行った時は、本当にこんなところにお店はあるんかなー?と思ったくらい周りには何もありません。

でも途中途中でこのように看板の目印があるので、実際に道に迷うことはあまりないはずです。

そして、お店に到着。

「運命の選択」と

「人生の時計」を読んで入店。

この後、お目当ての丸パンを買いました。

そして、ここから我が家のいつも様子。

八重岳ベーカリーのこの6連タイプのパンには、黒パンの他にこのレーズンもあります。(もう一種類はくるみだったかな?)

写真だと伝わりづらいのですが、サイズはこんな感じです。

女性の手のひらにおくとちょうどおさまるサイズです。

で、冒頭にも書きましたが、このパンストックがらなくなるとだいぶ困るのです。

なぜなら、1歳半の息子の毎日の朝食に欠かせないからです。

毎朝、この丸パンと野菜のポタージュがお決まりとなっています。

八重岳ベーカリーのこのパンは、卵・牛乳・バター・マーガリン不使用です。

子供に与える食べ物のなかで、マーガリンやショートニングは避けるように気をつけているおかあさん達って多いはずなので、そのあたりも安心できます。

しかも乳製品も不使用なので、アレルギーのある子供でも大丈夫。

ほんのりとした控えめの甘さなので、まさにご飯のかわりにこのパンを与えてあげられます。




まとめ

八重岳ベーカリーのお店自体は本部にあるのですが、沖縄県内では八重岳ベーカリーのパンの取り扱い店がいくつかあるのでそこで購入可能です。

我が家は、宜野湾にある自然食品店「ぱるず」でまとめて購入して冷凍保存しています。

あとは、上の写真の八重岳ベーカリーのクッキーも滋味深くてとても優しい味です。

硬めの食感でポリポリやカリカリ。

ひとつ食べたらもうひとつと止まらなくなります。

パンって、こだわらなければスーパーやコンビニでも気軽に買えるモノだけど、いろいろ余計なものが入ってるから、子供にはなおさらちょっとね、

怖いです。

その点、八重岳ベーカリーのパンは安心安全だし毎日気軽に続けられる価格帯も有難い。

あと毎日ではないけど、息子には宗像堂のパンやリンドンのパンなんかも積極的に食べさせてます。

以上、そんな感じです。

また書きます。

(ブログ内のパン屋記事)

沖縄市・美里のパン屋『kuchi』に行ってきました。

那覇・真地/『いまいパン本店』に行ってきました。

沖縄・浦添/ベーグルカフェ・カーリーテイル(Curly Tail)に行ってきました。

沖縄・八重瀬町のパン屋 ジュイール(JOUIR)に行ってきました。


『ciromedia』も人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング ciro個人のインスタグラムはこちらから。

『ciromedia』のinstagramはこちらから。

by
関連記事