2020年版/【沖縄やちむん市年間スケジュール】まとめ

Pocket

               

【2020年2月24日情報更新しました。※2020年3月20〜22日開催予定の『第27回ムーンビーチ沖縄全島やちむん市』は中止となりました!

来年2020年の沖縄でのやちむん市スケジュールに関して、殆どがまだ公式発表されていませんが、現段階での目安日程と、参考としてそれぞれのやちむん市の特徴、あとは過去の関連記事を添付します。

各やちむん市のスケジュールが確定次第、以下の内容も随時更新していきますので宜しくお願いします。

※上の写真は『陶宝堂(とうほうどう)』さんにて取り扱いのある古いやちむんです。

【関連記事】『沖縄・那覇/骨董屋『陶宝堂(とうほうどう)』へ行ってきました。』




2020年/『第27回 読谷やちむん市』

新型コロナウイルスの拡散が心配される状況を踏まえ“開催中止”となりました!

以下、『陶器工房壹』さんのinstgarmからのお知らせも掲載させてもらいます。

View this post on Instagram

2020年 第27回読谷やちむん市中止のお知らせ! 今年も開催すべく準備を進めて参りましたが、新型コロナウイルスの拡散が心配される状況を踏まえ“開催中止”を本日決断いたしました。 沖縄は元より、日本全国、台湾、韓国、中国と2日間で2万人もの人出で賑わう村内随一のイベントとして成長してきた我々にとっても大切な陶器市ですが、それだけに人の密集度も高く、ウイルス拡散拠点となり得る恐れを鑑み苦渋の決断をいたしました。 楽しみにされていたお客様には直前の中止告知となってしまいましたが、これも皆様のご健康を願っての決断である事をご理解下さいませ。m(__)m 尚、やちむん市は開催中止ですが出店予定だった窯元はそれぞれの工房にて両日ともギャラリー販売はしていると思いますので電話連絡の上お尋ねになられても良いと思いますよー。 #読谷やちむん市 #中止のお知らせ #新型コロナウイルス #健康第一 #元気があればなんでもできる #陶器工房壹 一番の稼ぎどきにブレずに拡散防止を決断できた実行委員メンバーが誇らしくもある…。(^^)

A post shared by 陶器工房壹 (@toukikoubou1) on

(開催予定日)

2020年2月22日(土)〜2月23日(日)

10時〜19時

(開催場所)

読谷村喜納2346ー11

JAファーマーズマーケットゆんた市場横の広場

(問い合わせ先HP)

読谷やちむん市実行委員会(読谷村共同販売センター)

「読谷やちむん市」の特徴】

2日間開催されるやちむん市ですが、初日の早い時間帯からかなりの人で賑わいます。

そして、当日は工房によってはかなりの列や整理券が配布されるようなところもある程です。

遅い時間帯に行くと、商品が品薄になる場合もあるのでお目当ての工房がある場合は早めの時間帯に行かれることをおすすめします。

去年の様子は下記のリンクからどうぞ。

【関連記事】2019/沖縄・読谷やちむん市に行ってきました。

【2020年やちむん市に参加予定だった工房の個別販売に関しての追記記事】

:沖縄・読谷/2020年『nakamurakenoshigoto』のやちむん市

沖縄・読谷/『井口工房』のやちむん市に行ってきました。

2020年/『第27回ムーンビーチ沖縄全島やちむん市』

読谷やちむん市同様に、新型コロナウイルスの拡散が心配される状況を踏まえ“開催中止”となりました!

(開催予定日)

2020年3月20日(金)〜22日(日)

(問い合わせ先HP)

ムーンビーチホテル

「ムーンビーチ沖縄全島やちむん市」の特徴】

やちむん市への出店工房数は、他のやちむん市と比較すると最多です。

2019年の出店数は56の工房が参加されました。

会場のムーンビーチ自体の雰囲気がかなりのリゾート感なので、他のやちむん市にはない旅行気分も味わえるかも。

【関連記事】2019/26回ムーンビーチおきなわ全島やちむん市に行ってきました。

2020年/『第15回読谷やちむんと工芸市』

(開催予定日)

例年通りだと毎年11月上旬

(問い合わせHP)

Gala青い海

「読谷やちむんと工芸市」の特徴】

会場であるGala青い海は、すぐ側に海が見えるので、お天気であればより気持ちのいいやちむん市です。

Gala青い海の施設内には、新しくオープンしたばかりのカフェもいくつかあるのでランチもあわせてやちむん市を満喫できます。

【関連記事】2019/読谷やちむんと工芸市(Gala青い海)へ行ってきました。

読谷/ヌクミキッチン(NUKUMI KITCHEN)のブリトー

2020年/『第41回壺屋陶器まつり』

(開催予定日)

例年だと毎年11月下旬

【「壺屋陶器まつり」の特徴】

陶工達が与えられたテーマで作品をリレー形式で仕上げていく「カーミスーブ」や、町内会による旗頭も目玉的催しとなっています。

主催側からの地元への愛着が感じられるやちむん市。

【関連記事】2019/壺屋陶器まつり(やちむん市)へ行ってきました。

2020年/『読谷山焼陶器市』読谷のやちむんの里内

(開催予定日)

例年だと毎年12中旬

「読谷山陶器市」の特徴】

こちらのやちむん市も、「読谷やちむん市」同様にかなりの人」で賑わいます。

個人的にも一番楽しみにしているやちむん市です。

2019年も、会場までシャトルバスが運行した程の人気っぷりです。

(お問い合わせ先)

読谷山焼共同販売店の電話番号 098-958-4468

【関連記事】:2019・沖縄/読谷山焼陶器市(やちむんの里)に行ってきました。

2019・読谷/tou(トウ)カフェのやちむん市に行ってきました。

沖縄・北窯/松田米司さんのやちむん×キャンドル

沖縄・やちむん関連のこと

当ブログ『ciromedia』では、日々の暮らしの中にあるやちむん風景も記録しています。

カテゴリー「やちむん」の中からのぞいていただけますので、ご興味のある方はそちらもあわせて是非どうぞ〜。


『ciromedia』のinstgramはこちらから。

ciro個人のinstgram はこちらから



by
関連記事