沖縄・読谷/『井口工房』のやちむん市に行ってきました。

Pocket




先日、水円で開催された『nakamurake no shigoto』のやちむん市に続いて、井口工房のやちむん市に行ってきました。

期間中は有難いことにこちらでも20%引きで商品を購入出来ました。

工房内は撮影禁止でしたので、入り口付近のみ撮らせてもらいました。

(関連記事) :沖縄・読谷/2020年『nakamurakenoshigoto』のやちむん市




読谷/井口工房の9寸皿(やちむん)を買いました。

購入したやちむんはこちらです。

以前からずっと欲しいなぁと思っていたモノで、やちむん市のタイミングでお安く購入出来たのでラッキーでした。

こちらは9寸のリム皿、フラットタイプの平皿です。

マットな白もとても感じがいいのです。

早速、翌朝使ってみました。

休日用の朝ごはんなので、朝食プレートにしてみました。

ヨーグルトを入れた湯呑みは北窯の松田米司さんのモノ、

パンは金沢のニオールさんのパンです。

やちむんでカトラリーを使用する時は、器の表面の質感が気になるところです。

ざらざらした肌感のモノとは相性はよくありません。

一方でこちらの井口工房のやちむんは、カトラリーを使用しても問題ないです。

磁器のように、とまでは言いませんが表面はつるっとしてるので、カトラリーのあたりなどは気になりません。

テーブルで使う時こんな感じです。

実は9寸という大きさの皿を購入したのは今回が初めてだったのですが、フラットな平皿タイプはかなり使い勝手がいいです。

写真の様に小鉢や小皿をおいて、ワンプレートとして使うこともできるし、数種類のおかずなどを直置きにちょこちょこのせるにしても、9寸だと余白具合もちょうどよくて見た目のバランスもグッド。

井口工房のやちむんは、平皿以外にも鉢っぽいモノもフラットタイプがあったり、いろいろ欲しいものがたくさんありました。

いやー、やっぱり食器は楽しいね。

好きな器で食べる時って、本当にささやかだけど贅沢な幸せを感じます。

そんな感じです。

ではまた。

(ブログ内のやちむん記事)

2020年版/【沖縄やちむん市年間スケジュール】まとめ

沖縄・那覇/骨董屋『陶宝堂(とうほうどう)』へ行ってきました。

やちむんを使っていけばなを楽しむコツ

沖縄・やちむんの里/常秀工房(ギャラリーうつわ家)

沖縄・本部町/江口窯のやちむん


ciromediaも人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング ciroのインスタグラムはこちらから。

『ciromedia』のinstagramはこちらから。

by
関連記事