2019年/沖縄・読谷やちむん市に行ってきました

Pocket

f:id:ciiiro:20190223141816j:image

読谷やちむん市、初日の今日 朝一行ってきた。

恵まれた天気ってこういう空のこというんだろうなって。

【読谷やちむん市】の詳細

(開催場所)
JA ファーマーズゆんた市場 横広場

(所在地)
沖縄県読谷村喜名2346-11

(開 催)
毎年2月最終土日

2019年は2月23(土) 24(日)


(時  間)
10: 00~19:00(1日目・2日目)

(駐車場)
あ り(無料100台)

(交 通アクセス)
● 沖縄道石川ICから国道58号経由で20分

●那覇空港から車で90分 

(問い合わせ先)
tel.098 -958-1020/読谷やちむん市実行委員会(読谷村共同販売センター)

 

2019年/読谷やちむん市の様子をブログで記録

10時から開始予定、駐車場は第1と第2があった。

気持ち早めにと9時半前には到着、既に多くの人で賑わいの予感。

駐車場は問題なくとめることができた。

会場が見えてきた。右手の駐車場でやちむん市が行われる。

f:id:ciiiro:20190223141839j:image

本部席ではパンフレットがもらえる。

f:id:ciiiro:20190223141852j:image

もらったパンフレット。

f:id:ciiiro:20190223161124j:image

開始まで待つ方たち。

f:id:ciiiro:20190223141923j:image

係りの方がQRコードのはいった看板を持っている。

それを読み込むと 会場内の配置図を知ることができる。

f:id:ciiiro:20190223142201j:image

みんなそれぞれ お目当ての窯元の近くでスタンバイ。

f:id:ciiiro:20190223141943j:image

開始予定までに 間も無くですと何度かアナウンスが流れる。最終的には「10秒前〜」との言葉に場がざわつく。

f:id:ciiiro:20190223142006j:image

迫力ある大作達も目立つ。

f:id:ciiiro:20190223142024j:image

窯元のブースそれぞれで 人だかりのボリュームにも差がある。人気の窯元は お会計時には長蛇の列が。

会場は多くの人で賑わっていて どんどん商品が人の手に渡る。

終いには商品をあまりよく見ないでぽんぽん取ってはお会計に行く方もいたり(業者さんなのか、、にしても、、) これもやちむんブームの側面なのかなと ちょっと複雑な気持ちにもなった。

いろいろもたもた出来ないというか ついついせかされるような気にもなるけど せっかくの機会だからこそ作り手の方達に敬意を払いつつ 自分のお気に入りを見つけたいところ。 

わたしは 会場入りしてすぐに見つけた北窯の與那原工房で2つ、会場を2、3周してやっぱりまた與那原工房でもう2つを購入した。

f:id:ciiiro:20190223142101j:image

読谷村の特産品 紅いもに集まる子供達。

f:id:ciiiro:20190223142147j:image

帰りはそのまま ゆんた市場で野菜を買った。

これは先日 来た時に食べたドラゴンフルーツのシャーベット。

レジ横に冷凍庫がある。

f:id:ciiiro:20190214130359j:image

夏が恋しくなるような色。

味も美味しかった。

f:id:ciiiro:20190214130440j:image

(ブログ内のおすすめ記事)

2019年・沖縄/やちむん市 年間スケジュールまとめ

第26回ムーンビーチおきなわ全島やちむん市に行ってきた

沖縄伝統工芸と手仕事に関するおすすめ本

BEAMS /fennica(フェニカ) ニッポン最高の手しごと

大宜味村 2019年いぎみてぃぐま〜オクラレルカが咲く頃に〜


ciromediaも人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング ciroのインスタグラムはこちらから。

by
関連記事