自分自身を更新する為の方法って何がある?

Pocket

「なりたい自分について思いをめぐらせましょう」

先日、そんなフレーズを見かけまして。

なりたい自分になる為には、自分自身を更新しないとだよなぁって。

更新っていうのは、つまりは成長するってことに近いのですが、でも「成長」のステップより「更新」の方がハードルが低くく感じませんか?

それだったら、その更新する為には何が出来るのかっていうのを具体的に3つ考えてみました。

これをやれば自分自身が更新されて、なりたい自分になれるかは謎ですが、以下そんな感じです。




自分自身を更新する為の3つの方法

  • 着ない洋服を捨てる

まず自分の見た目から変える作戦。

持っている顔自体は簡単には変えられないのですが、着てる服によって印象を変えることができるのはもちろんのこと。

年齢によって似合う服も着る服も変化していくので、個人的に洋服はあまりため込みません。

シーズンによって、その時のお気に入りをとことん着たおして、翌年はなんか違うなーと思ったらためらわず処分(逆に言えば、飽きるまでひたすら着ます)。

これ、けっこう精神的にもすっきりしますし、過去にとらわれない自分!的な感じで前に進める(更新)気がします。

  • 習慣をつくる、もしくは変える

これ!

「習慣が人をつくる」とはよく言いますが、ホントそう。

なりたい自分になる為には、良き習慣をつくることでもあります。

習慣の中身は人それぞれで目的が違ってくるのですが一概には語れませんが、習慣化する為のコツっていうのはやっぱり常に完璧を求めないこと、

それですよねぇ。

あとは、最近書いたけど、物事がうまくいかない時に効く行動も、習慣化に関係するように思います。

(関連記事) : 物事がうまくいかない時に効く3つの行動

  • 今を記録して過去を整理する

最後はこちら。

「今を記録して過去を整理する」例えとして、最近だとやっぱりsnsやブログとかかなぁ。

わたしの周りにもsnsなどを全くやらない友人もいて、彼らが苦手とする「多すぎる情報の受け取りで疲れる」という理由も理解できます。

でも、個人的にはsnsやブログとかって、情報収集もそうなんだけど、自分自身に向けて書いて発信するっていうスタンスをとれば圧倒的にもっとおもしろくて、何より自分自身の変化(成長)を感じることができます。

ちなみにここであげた「今を記録して」っていうのは、今思っていることを発信するっていうそのままの意味。

「過去を整理する」っていうのは、発信した記録をたまに振り返りながら、自分の内面や環境、状況の変化を今と照らし合わせつつ向き合おうって意味。

余談ですが、わたしがこのブログで過去の記事の写真や文章を頻繁に書き換えるのは、過去の自分を更新したいから。

1年前に書いた文章がひどすぎて恥ずかしくなるのはしょっちゅうで、写真に関していえば最初はiPhoneで撮っていたモノからカメラを買い別のレンズを買ってみたりで、その時のベストってやっぱり変わってきます。

逆に言えばそこが面白くもあり、例え自己満足でもその更新具合が自信に繋がったりします。




まとめ

毎度のことながらこう書いてみると当たり前のことなんだけど、その当たり前に気づく・意識するってことが、自分自身を更新する為のツールだったりするんでしょうねぇ。

って感じで、また書きます。

(ブログ内の考える関連記事)

コロナ時代だからこそ『暮らし』の温度を上げる。

instagram(インスタグラム)をやるメリット・デメリット

機械音痴な情報弱者が1年間ブログを続けて得られたこと。

読みたいことを、書けばいい。


『ciromedia』も人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング

ciro個人のインスタグラムはこちらから。

『ciromedia』のinstagramはこちらから。

楽天ROOMはこちらから。

by
関連記事