沖縄・名護/イノーコーヒー(INNO COFFEE)で豆を買いました。

Pocket





お出かけ先では、パン屋に立ち寄って翌朝用のパンを調達することの多い我が家ですが、同じようにコーヒー豆が買えるところに立ち寄ることもお決まりとなっています。

沖縄は既に数年前からコーヒーのレベルも高くって、その盛り上がりも感じられるので、いろいろなお店でいろんな豆を買っての見比べするのも面白い!

ってことで、この日は名護のイノーコーヒーに行ってきました。

では早速。

【INNO COFFEE SHOPの基本情報】

(住所)  名護市城1丁目5-17

(電話番号) 070-5498-4587

(営業時間) 10時〜18時

(定休日) 月曜日・火曜日

お店のinstgramはこちらから。




名護/イノーコーヒー(INNO COFFEE)で豆を買って自宅で淹れました!

イノーコーヒーは、高速の許田ICを降りてから車で10分ちょっとのところにあります。

お店はコーヒースタンドなので、旅行中とかで時間があまりないという方で気軽に立ち寄れるのが嬉しいところでもあります。

メニューのクラフト感もなんだか雰囲気があって、書かれている説明も分かりやすくて親切でした。

ただ、この日はすぐにランチを食べに行く予定があって、残念ながらドリンク注文を諦めた私達。

なので、コーヒー豆のみ購入することにしました。

お豆はオリジナルブレンドにしました。

いろんな種類があって迷ったときは、どこの店でもだいたいオリジナルブレンドを購入しています。

そうすると、そのお店のニュアンスがなんとなくつかめるような気がします(多分)。

ちなみにコーヒー豆を買う時は、挽かれた粉の状態ではなく必ず豆のままで購入します。

当然ながら、挽きたてのコーヒー豆は香りがかなり良いです。

我が家では以前までは、コーヒーグラインダーは手動のポーレックスのモノを使っていましたが、今は電動のラッセルホブスのモノを使っています。

イノーコーヒーのオリジナルブレンド、角がなくまろやかで美味しかった〜。

今度は是非、お店の方でドリンク注文したい!

っていうかやっぱり、

コーヒー豆って、持ち歩くにも軽くて荷物にならない上に、持ち歩きの温度にも気をつけなくてもよくって、しかも買ってからも日持ちするし(すぐ使い切っちゃうけど)!

ちょっとしたお土産にもプレゼントにもいいなぁと。

おまけ

ここからは、おまけ。

写真は、イノーコーヒーがある通りです。

ローカルな匂い満点なので、町歩きが楽しい。(イノーコーヒーの隣にはパン屋もあって、それについても後日また書きます)

下の写真の大衆食堂も気になりました。

こちらのお店、創業30年以上の老舗食堂とのことでした。

そんな感じで、今回はこのへんで。

また書きます。

(ブログ内のコーヒー関連の記事)

沖縄市/『原点』はメニュー表のないコーヒー専門店!

沖縄・北谷/グッデイコーヒーのモーニング!人気っぷりに納得

沖縄・宜野湾/フラップコーヒーアンドベイクショップ普天間店

那覇・牧志/喫茶店『門(もん)』はおすすめな穴場


『ciromedia』も人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング ciro個人のインスタグラムはこちらから。

『ciromedia』のinstagramはこちらから。

by
関連記事