沖縄・名護/『島豆腐とおそば、真打田仲そば』

Pocket

ちょっと前 のこと、

名護にある『真打ち田仲そば』に行ってきました。

お店の場所は、イノーコーヒーとりこぱんから車で5分くらいのところにあります。

【『真打ち田仲そばの基本情報】

(住所) 名護市東江3-20-28

(電話番号) 090-1179-0826

(営業時間) 11:oo〜17:00 ※スープがなくなり次第終了

(定休日) 火曜日、第1・3水曜日

(駐車場) あり




沖縄・名護/『島豆腐とおそば、真打田仲そば』に行ってきました。

こちらのお店、入り口が2箇所あります。

というのも、お店の駐車場が正面から向かって裏側の方にあって、車で来られた場合はこの扉から入店。

なんだかその雰囲気が、沖縄そば屋さんには見えなくってワクワク〜。

そしてお店に入ったら、食券機があるのでそこで食べたいものの食券を購入します。

我々も注文もお会計を済ませて、テーブル席へ。

お店はカウンター席やテーブル席だけでなく、座敷もあるので、小さい子連れには有り難いです。

そしてそして、注文したおそばがやってきました〜。

真打ち田仲そばの沖縄そばは、2種類。

元味(もとあじ)っていう澄んだスープが特徴なタイプ。

あっさりスープでサラサラ、それがお肉のこっくり具合ととても合います。

もう一つは、真味(しんあじ)という白濁スープが特徴です。

どちらも、同じ食材をつかっているんだけど異なる出汁の取り方をしてるそうで、実際に食べ比べてみると違いがよくわかります。

こちらは、上にチャーシューとにんじんのナムルが。

それから、さんぴん茶で炊いたご飯の上に煮込まれた島豆腐がのった島豆(しまどう)めし。

なんだか、こんな形で島豆腐を食べることはあまりないので新鮮、美味しい。

そうそう、

こちらのお店では、そば用のどんぶりや飯椀も、南城市の宮城陶器のやちむんを使われています。

そういえば、お店の裏口の扉にも「MIYAGI POTTERY GALLERY」と書かれてた!

そして、息子もおそばを気に入ってもりもり食べてました。

元味も真味も、濃すぎないスープで、息子にも安心して食べさせられたのも良かったです。

帰りは表側から出ました(のれんが素敵)。




まとめ

真打ち田仲そばは、ミシュランにも選ばれた麺職人さんがプロデュースされていることでも知られていますよね。

ちょっとラーメン的な要素も感じられるニュータイプの沖縄そばなんだけど、でもやっぱりクラシックな沖縄そばの魅力もばっちり、そんな感じでした。

しかも、素敵なやちむんで美味しいおそばが食べられるなんて嬉しいねぇ。

ってことで、また来ます。

(ブログ内のやんばる関連記事)

沖縄・伊豆味/山原(やんばる)そばに行ってきました。

沖縄・今帰仁/波羅蜜(パラミツ)の『水餃子の日』に行ってきました。

沖縄・今帰仁/お花屋さん『ポメーロ』に行ってきました。

やんばるアートフェスティバル 2020』へ行ってきました。


『ciromedia』も人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング

ciro個人のインスタグラムはこちらから。

『ciromedia』のinstagramはこちらから。

楽天ROOMはこちらから。

by
関連記事