イタリア/おすすめ美術館(博物館) Museo Ettore Guatelli

Pocket

イタリア生活中に訪れたなかで一番衝撃を受けた場所。

大袈裟でなく今まで生きてきたなかで実際に自分の目で見て一番心が震えたこと。

世界遺産より圧倒的だった。

f:id:ciiiro:20190118225536j:image

 

生活のなかで使われてきた道具を中心にとにかくボリュームのあるコレクション。そして美しいレイアウト。

f:id:ciiiro:20190118224238j:image
f:id:ciiiro:20190118225615j:image
f:id:ciiiro:20190118225642j:image
f:id:ciiiro:20190118225712j:image
f:id:ciiiro:20190118225734j:image
f:id:ciiiro:20190118230326j:image
f:id:ciiiro:20190118230446j:image

この場所から受ける気持ちの高鳴りとは反して 考えても考えてもそれをうまく表現できる言葉が全く浮かんでこない。

 

【電車での行き方】

Parmaで乗車、Ozzano taroで降りる。(乗車時間は時刻により異なるな15〜20分程度)

Ozzano taroで下車して 博物館までは徒歩20分程度。

土日、祝日は予約なしで入館可能。

月曜日から金曜日までは電話かメールにて要予約。

tel. 0521 333601

e-mail info@museoguatelli.it

【入館料】

7euro

※館内はガイドさんが案内してくれる。

f:id:ciiiro:20190117234800j:image

※12月から2月にかけて基本的には休館。

(館内が寒すぎるんだと言っていた)

2019年1月現在の情報。

詳細は随時、下記のホームページより。

エットーレ・グアテッリ博物館( )

住所:Via Nazionale, 130, 43044 Ozzano Taro di Collecchio PR,Italy

公式サイト:http://www.museoguatelli.it/

f:id:ciiiro:20190118224625j:image

追記

パルマのあるエミリアロマーニャ州は微発泡の赤ワイン ランブルスコの生産地。博物館に向かいながら、もしくは帰りながら 近くにあるバールでグラス一杯飲んでみるのがおすすめ。(この界隈、バールが極端に少ないので見つけ次第に入った方がいいと思う)

可愛らしいこの子は子供の作品、博物館を出る間際に購入した。

f:id:ciiiro:20190118224628j:image

(おすすめ記事)

イタリアの人気・おすすめのお土産(フィレンツェ編)

日本からイタリアへ!料理人が修行する場合の待遇と給料

イタリア最大級の骨董市(蚤の市)  Veneto州のPiazzola sul Brentaへ行く

ビクトリノックス のペティナイフの種類と選び方

ALBUS(アルバス)ましかく写真の代用アルバムはどれがおすすめ?

by
関連記事