フィレンツェ/おすすめのジェラート屋はピッティ宮殿近くの広場

Pocket




イタリアのいろんなところでジェラートを食べたけど、個人的にはここのジェラートが一番美味しいと思っていまして。

というか、フィレンツェは美味しいジェラート屋が多いんだけど、、

その中でも「gelateria della Passara」のジェラートは個性的なフレーバーもあって、何を食べてもすっごく美味しい上に、なんというか味覚の発見があるというか。

なのでやっぱりジェラートは「gelateria della Passara」のモノが一番好き。

フィレンツェ/おすすめのジェラート屋 基本情報

gelateria della Passera (ジェラテリア・デッラ・パッセラ)

(住所) Via Toscanella 15R

(営業時間) 火曜日から木曜日 12:00〜20:30

金曜日から日曜日12:00〜23:00

(定休日) 月曜休み

ここ「gelateria della Passera」の場所はフィレンツェのピッティ宮殿すぐ近くの広場にあって。

お店はお客さんが3,4人入ったらすぐいっぱいになるようなこじんまりしたお店。




フィレンツェのジェラート「 gelateria della Passera のおすすめはこれ!

イタリアでジェラートを食べるならまずはピスタチオ味をおすすめしたいのだけど、特にここのピスタチオはほどよく塩味がアクセントになり、ピスタチオの味が濃厚!

正直、イタリアに来たばかりの頃は、どこでジェラートを食べてもそれなりに美味しいと思っていたんだけど、食べ比べていくうちにその違いがはっきり分かってくる!

しかも、どこにいってもピスタチオを選ぶと特にその差がわかってくるから面白い(ピスタチオ的ものさし)

味の好み、滑らかなさ舌触り、食感とか、当たり前なんだけどジェラートってお店それぞれで全然違う。

それから、「gelateria della Passera」のジェラートはそれぞれのフレーバーで素材の味がしっかり感じられるのが特徴的。

チョコレート・ミルク系なら上品な甘さでリッチなテイスト、フルーツ系ならそれぞれの持つ酸味もしっかり活かして元気がでるパンチ力もある。








フィレンツェ/おすすめのジェラートを広場で食べながら休憩

「gelateria della Passera」の前には広場があって。

フィレンツェの街歩きに疲れたらそこのベンチに座って休憩するのがおすすめです。

この写真の時期はクリスマス前だったから、街のいたるところで装飾がされていました、店先のグリーンのわしゃわしゃとか。

イタリアのクリスマスは日本みたいな派手さはなくて、わりとおしとやかな感じが一般的。イルミネーションもゴージャスさはなくて、しっとりしてるし。

で、「gelateria della Passera」のジェラートは1つ(1スクープ)が小ぶりで1ユーロというのもかなり嬉しいポイント。

どこかで食事を済ませてお腹はいっぱいでも「gelateria della Passera」のジェラートなら、サクッとお口直しのノリで食べに行けるボリューム感というか。

週末は夜23:00まで営業中というのも旅行客には優しいかも(昔は定休日以外、24:00まで開いてたんだけど)

フィレンツェに住んでる時、ここの近所に住んでいたのでよく通ったなぁ。

というわけで、友人が撮ってくれた写真です。

このジェラート屋があるオルトラルの周辺は、職人さんの工房も多くてフィレンツェの地元の雰囲気がより濃く感じられる地区。

ちなみにわたしは、フィレンツェに住んでいた当時、よくこの古澤千恵さんの本を参考にいろんなところに行ってました。ciromediaでも過去に何度も紹介してきたけど、古澤さんのセンスと着眼点はもう本当に素敵というかお見事です。

(ブログ内の関連記事)

フィレンツェ(Firenze)のおすすめパン屋 S.Forno(サント・フォルノ)

フィレンツェ (Firenze) Lucaの工房兼ギャラリーショップ

おすすめのイタリア料理本とプロ直伝トマトソースの簡単レシピ

で、日本に帰国してから知った奥村千穂さんの本もすごく素晴らしかったです。

古澤さんの本は少しディープでマニアックなフィレンツェで、一方で奥村さんの本はフィレンツェ・イタリア初心者にももっと寄り添う感じなタイプです。

『美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ』は「gelateria della passera」も掲載されています。

住んでる時にこの本にも出会いたかったなぁ。

ということで、今回はこのへんで。

ではまた。


(おすすめ記事)

イタリアの人気・おすすめのお土産(フィレンツェ編)

日本からイタリアへ!料理人が修行する場合の待遇と給料

イタリアで修行する日本人コック(料理人)の生活事情

イタリア トレヴィーゾ(treviso)の骨董市(蚤の市)

『ブログ』の可能性から暮らし方と働き方を考えてみる

ALBUS(アルバス)ましかく写真の代用アルバムはどれがおすすめ?

ブログ村、ランキング参加中です。


人気ブログランキング

by
関連記事