アズマジックのサビ取り(落とし)剤はどの程度おすすめ出来るのか?

Pocket




これまであまり使用経験のないサビ取り(落とし)剤。

その少ない使用経験の中でも、あまり手応えのある効果を得られなかった印象しかないのですが、、

ハウスクリーニングのプロ推奨洗剤という見出しに惹かれまして。

初めて、アズマジックというメーカーのサビ取り剤を使ってみました。

今回はその口コミレビューです、では早速。




口コミレビュー/アズマジックのサビ取り(落とし)はおすすめ出来るのか?

そもそもサビ取り(落とし)剤には、スプレータイプか液状のモノがありますね。

私は今までスプレータイプしか使ったことがなくって、しかもその使用対象物は自転車くらい。。その上、サビが綺麗に落ちた記憶がないのです。

で、今回使うアズマジックのモノは液状タイプなので、そこの点もお初。

パッケージはこんな感じで、「本当にこれの通りにいけばサビは消えるはず!」という期待感を持ちつつ、早速検証です。

今回は、自宅で使っているカセットコンロ。

だいぶ昔に購入したモノで、保存環境が悪い湿度が高い実家に長らく放置していたので、サビが出来てしまったのです。

そして、まず最初に謝っておきたいのですが、サビが全体的にあるカセットコンロの写真を撮り忘れてしまいまして、、そこはすいません。

では、早速アズマジックの液をのせていくところからスタート。

液は、ちょっと粘性のあるトロンとした液で、横に広がるんだけど流れる感じはあまりなく、サビの上で留まってくれます。

液をのせるとすぐに、サビが変色していきます。

ジワジワーっと、

説明書には液をのせてから、1〜3分くらい放置と書かれてまして、私はなんとなくサビの変色が浮いてきたかな?と思うところを目安にしました。

そして、乾いた布を取り出して、

サッと拭き取りました。

拭き取り後は、確かにサビが落ちました!(青い印部分)

「面白いかも〜!」っと、ちょっとした快感を覚えて、全体的に使っていきました。

でも、結構大きいサビだと、一度だけ液をのせて拭き取るだけでは落ちなかったです。

なので、繰り返し2,3度、作業を繰り返します。

そうすると、サビは落ちます。




結論

全体的に使用してみた感想。

確かに、サビは落ちました。

ただ一つ難点が。

商品の注意書きにも記載されていますが、材質や素材によっては変色・変質してしまう恐れがあるということ。

実際にサビ取り剤を使用した箇所は、このような跡が残ってしまいました。

全体写真で見るとこう。

気になる方は気になるかもしれないです。

個人的な本音で言えば、サビは落ちたけど、もし我が家にお客さんが来て一緒にこのカセットコンロを使うとなると、、

ん〜そこは気になるかも!(笑)

でも、繰り返しにはなりますが、サビ自体は確かに落ちるので、とりあえずそこをクリアにしたいという方には良いのかなとは思います。

というわけで、今回のアズマジックのサビ取り(落とし)剤の口コミレビューをまとめます。

おすすめ具合は、「使う人とその用途による!」です。

今回のカセットコンロの様に、使用面積が大きいモノの場合は、サビは取れるけどその後に残る染みのような跡は残ってしましました。サビ取り効果はありましたが、やはり新品のような状態に戻すことは厳しかったです。

でも、例えば、自転車のチェーン部分のサビや、タイヤの部分とか使用面積が狭い部分であれば、サビも落ちるしそんなに跡も気にならないかと思います。

ちなみにですが。

実際に私は、このカセットコンロのサビ取り作業を終えてみてから、結構達成感はあって、持ち物を手入れしながら使い続けるということで更に愛着はわいたので、我が家ではまだしばらくこのカセットコンロは使い続けます。

そんな感じです、ではまた。

(おまけ)

Amazon内でのサビ落とし剤の売れ筋ランキング1位はこちらでしたよ。

(ブログ内の暮らしにまつわる記事)

汚れ落とし・消臭スプレーには『ハウスケア用発酵液EMW』がおすすめ!

ALBUS(アルバス)ましかく写真の代用アルバムはどれがおすすめ?

こめ油おすすめメーカー5選

2020/『&(アンド)プレミアム3月号 暮らしを楽しむ部屋に、整える。』感想レビュー

うどんとおでんで有名!京都の老舗『うね乃 (うねの)』のワークショップ


ciromediaも人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング

ciroのインスタグラムはこちらから。

『ciromedia』のinstagramはこちらから。

by
関連記事