沖縄・うるま市(うるマルシェ内)/かき氷専門店『キーンズ』

Pocket




2021年7月15日、うるま市にかき氷専門店がオープンしました。

初日は、まさに夏の日差しが強いかき氷日和。

食べるのが楽しみすぎて喉カラッカラにして、コンディション万端で行ってきましたよ〜。

※『かき氷専門店キーンズ』のinstgramはこちらから。




沖縄・うるま市/うるマルシェ内のかき氷専門店『キーンズ(keeenz)』に行ってきました。

場所は、うるま市の「うるマルシェ」内にあるフードコートの一角。

正面から見ると、ちょうど一番左のブースにあって、上の写真の日よけが目印となります。

ここは、うるマルシェの中でも「チャレンジブース」と呼ばれ、期間限定の場所になるとのこと。

なので、キーンズのかき氷も期間限定とかになるのかしら、どうかな。

で、早速、メニューをチェック。

種類は3種類。

この限定的な種類ってとこもなんか専門店ならではの潔さって感じで良きです。

まず塩キャラメル、

それから沖縄珈琲ぜんざいに、バタフライピー×パッションフルーツとか。

どれも興味ある味なので迷ったけれど、、今回は塩キャラメルをチョイスしました。

呼び出しの番号札(ベル)を受け取り、しばし待ちます。

そして、ベルが鳴ったので受け取りへ。

わ!

思っていた以上に大きい!

一応、片手でギリギリ持てるくらいの大きめのボリュームです。

さぁ、さぁ食べましょ食べましょ。

上には、生クリームとたっぷりのキャラメルソースに、クラッシュされた伊江島ピーナッツ。

一口、パクリ。

ン?!

うまい。

結構、しっかりめに塩気も感じられてそれがかなりアクセントになっています。

かき氷のふわふわ感に、なめらかなクリームとソース、そしてガリガリっとピーナッツ、さらには中にはモチっと紅茶ゼリーまで。

異なる食感と温度と味と、それらの一体感が面白くって、1人でアッという間に完食!

で、しかも今回は特別にお店の中を見させていただけることに。

これがさっきのかき氷の中に入っていた正体の紅茶ゼリー。

キーンズのかき氷は、シロップもソースも、そしてそれぞれのパーツも手間を惜しまず手作りしているそうです。

生クリームもその場で加減しながら泡立てていましたよ。

これは、珈琲ぜんざいに入っている珈琲ゼリー。

これまた自家製の麦入りぜんざいの上に、

生クリームをかけて、

珈琲シロップとカカオパウダーをかけて仕上げ。

それから、さっぱり系な気分の方にはこちらがおすすめ。

ハワイアンブルーのようなお色は、バタフライピーです。

こう見えて、もちろん無添加・無着色。

お子様にも安心です。

かけているのは、ヨーグルトソースでして、

最後にパッションフルーツのソースをたっぷりと。

美味しそう〜!




まとめ

ちょっと前に行った北谷の「氷ヲ刻メ」もそうですが、キーンズもまた「進化系かき氷」といわれるジャンルになるようです。

専門店ならではの氷のフワフワ感が特徴なので、食べ進めても頭はキーンと痛くはなりません(店名とのギャップ)。

いわゆる昔ながらのパーラーで食べるかき氷も良いけど、こういうニュータイプのかき氷の出会うとなんかワクワクするというか。

味の組み合わせしかり、食べる部分によって食感とか温度が変わって飽きないように緻密に計算されています。

これは、まさに氷菓子という名のスイーツだなぁとしみじみ。

というわけで、また今度は違う味を食べてみたいと思います。

そして、キーンズの皆様。

お忙しいなか、快く写真にも応じてくださりありがとうございました!

またすぐにお邪魔させていただきます〜、

ごちそうさまでした!!!

(ブログ内のスイーツ関連記事)

うるま市・登川/『上間弁当てんぷら店』のぜんざい

沖縄・中部 /うるま市の『ふくや』でぜんざいを食べました。

沖縄・那覇/『トーエ洋菓子店』のマーブルケーキ

沖縄・首里/パポテペパン(papoter pepin)の焼き菓子

沖縄/『Peche(ペシェ)』の焼き菓子


『ciromedia』も人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング

ciro個人のインスタグラムはこちらから。

『ciromedia』のinstagramはこちらから。

楽天ROOMはこちらから。

by
関連記事