沖縄/賃貸アパートの家賃値上げは拒否できるのか?交渉してみました。

Pocket

沖縄で賃貸暮らしの我が家ですが、この家に住みはじめて2年が経ちました。

そして、その少し前にアパートの管理会社から契約更新手続きの書類が届きました。

沖縄の賃貸事情でいえば、契約更新時に新たに更新料がかからないのが一般的ですよね。

なので、私たちも「契約書にサインして返送すればオッケーオッケー」くらいで思ってました。

これが届くまでは。

届いた書類開けて、びっくり。




沖縄/賃貸アパート・契約更新時の家賃値上げに関して交渉してみました。

こちらが届いた書類。

左側が現在の家賃、

右側が更新後の家賃。

「はい??(キョトン)」

…。

69,000円→80,000円

えー!!!!!!

1万1千円も値上がりしてる!!

しかも、よくよく見てみると、

「近隣地域で同様の間取り、築年数の建物を基にして立地、設備等、様々な角度から検討した結果、今回の契約更新について、上記の通り変更させていただきます。」

ですって。

その上、この書類が到着後、一週間を目処に返送をお願いします、とか書かれてました。

いやいやいや、、

聞いてませんけど。

賃貸契約する時に、家賃値上がりする予定とか一言も言ってなかったですよね、そちら様。

しかも、契約更新前の一月前にいきなりそんなこと言われたって…。

これを承諾出来なかったら、出て行けってことですか?

しかも書類の返送期間1週間以内に、その決断をしないといけないってこと?

仮に出ていくにしても、そんなすぐに都合のいい物件見つからないでしょ…

とにかく、

「納得いかない!」

というわけで、アパートの管理会社に直接交渉の電話をしてみました。




結果

話し合いの結果、新たに届いた書類がこちら。

69,000円→69,000円

「現行の契約内容で変更ありません」

そう、

家賃値上げの拒否に成功しました。

管理会社に直接交渉したのは、我が家の主人。

「賃貸契約時に、家賃値上がりの話も聞いてない上に、しかも契約更新前のたった1か月前にこういう内容の書類を送られてきても納得できないです」

と抗議しました。

電話対応された方は、若い男性スタッフだったそうなんですが、

「まさにお客様のおっしゃる通りです…、僕もそう思います…。でも、この書類の契約内容は絶対的なモノではないので…もしご納得いただけなければ、サインは絶対しないで書類はそのまま破棄してください。」

そう話されていたとのことです。

なんだそれ(爆)

別の日に同じアパートのご近所さんからチラッと聞いたりしたんだけど、そのご家庭はこの書類にサインして家賃値上がりに応じたようでした。

ん〜。。。

でも普通はそうしちゃいますよね、多分…。

というわけで、今回は我が家の事例が、同じ状況の方にとって少しでも参考になればと思い記録してみました(一応、管理会社の名前はここではふせますが知名度のある大手の会社です)。

書類は一旦サインして郵送しちゃうと、その内容に納得して承諾したとみなされて契約更新され、そこからの家賃値上がりの拒否は厳しいみたいです。

なので、ホント気をつけて〜!

(ブログ内の暮らし関連記事)

小型(ミニ)除湿機はおしゃれな『deerma』が最強!/私的口コミ

オシャレな通帳ケース/『バンクオーガナイザー』がおすすめな理由

コロナ時代だからこそ『暮らし』の温度を上げる。

『アルテック(artek)スツール60』のある暮らしをブログに記録してみました。


『ciromedia』も人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング

ciro個人のインスタグラムはこちらから。

『ciromedia』のinstagramはこちらから。

楽天ROOMはこちらから。

by
関連記事