チロメディア

朝ごはんとやちむんの記録、沖縄とイタリアの記憶。

リエンダー(Leander)ハイチェア 並行輸入品と日本正規品どちらが良い?

我が家に来てから2か月は経つ  Leander(リエンダー)のハイチェア。

当初、息子のハイチェアを選ぶ際に当然のようにストッケのトリップトラップを検討していた。

ストッケは言わずと知れた世界で一番売れている子供イス。

 

[http://

]

そこで ストッケを使っている友人に聞いてみた。

ストッケ以外には何か候補はあったのかと。

そしたら「うちは二人の子供両方にストッケを使ったけどリエンダーも良いらしいよ」と彼女は言う。

名前も知らなかったので さっそく調べてみた。

リエンダーに即決、カラーはナチュラル。

f:id:ciiiro:20190422091153j:image

 

 

元々使っていた家具とも相性がよくて めでたしめでたし。

f:id:ciiiro:20190422142247j:image

 

 

リエンダーの良さとは?

さて、まずはリエンダーのどこが良いのかって。

なんといってもシャープでスタイリッシュなデザイン性。

それから5.1kgの軽さ。

カラー展開も大人っぽい落ち着いた色、ホワイトウォッシュ、ナチュラル、ウォルナッ、ブラックを基本としている(日本別注カラーもある)。

子供と生活する上で 子供のものが増えていくことは仕方ないことだけど なるだけインテリアに関しては普段つかっている家具と馴染みやすいようにという点や、好きなテイストに妥協したくないという気持ちもあってリエンダーに決めた。

 

 子供の成長に合わせながら大人まで使えるイス

ストッケのトリップトラップ同様に、リエンダーのハイチェアも『お子さまの成長に合わせて、そして大人まで』使えるイス。

 

背もたれは2段階調整可能、六角レンチで調整するだけなので簡単。

f:id:ciiiro:20190422121431j:image

 

足元は本体をばらすことなく3センチ感覚で12段階。しかも購入後に知ったのだが、足置きの板より小さい座面の板は上下交換して使う事もできる。それによって座面の面積も変えられ、使う人の対象に合わせてその都度 調整出来る。

f:id:ciiiro:20190422121450j:image

 

 

子供の動きに合わせて心地よいしなる座り心地

リエンダー ハイチェア の最大の特徴は、床に接する脚の部分がアーチ型に湾曲しており、脚から背もたれまでのフレームが、曲木で作られたL字の棒になっていること。体重がかかると、アーチ部分のサスペンションとL字が、適度に「しなり」、独特の座り心地を実現する。

ちなみに購入前に心配だったことは、ストッケに比べて全体的に頼りない印象?!…シャープなデザイン性からか耐久性は大丈夫だろうかということが懸念材料であった。

しかし実際は全く問題なく感じる、リエンダーの長い脚がハの字に伸びていて 使用中も安定感がある。

f:id:ciiiro:20190422122012j:image

 

脚の裏には床が傷つかないような保護シールがあり、且つ床を掃除する際はスーッとひいて動かせるようになっている。

f:id:ciiiro:20190422123143j:image

 

ハイチェアに乗せるとイヤがる子もいると聞いていたけど うちの息子は一発でリエンダーを気に入ってくれた。彼が座りながらでも落ち着きなく動く間、リエンダーはほどよくその動きを吸収してしなりに変え 窮屈な感じを子供に与えず、むしろ居心地の良い仕様になっている。

f:id:ciiiro:20190422092316j:image

 

 (その他 注意点)

 ネットの口コミであがっているのが、セーフティバーをつなぐこのレザーベルトが汚れやすく掃除がしづらいという声。

実際は、、ん〜。

まだリエンダーを使って2か月ではあるけど 正直そんなに気にならない上にこまめに特に手入れをしてるわけでもない。子供は食事中に 口の中に指をくわえたり その指でいろんなところを触りまくるので もちろんレザーベルトもその汚れる対象にはなるけど。

食事後 さっと拭き取るくらい習慣があれば 汚れはさほど気にならないと思う。

f:id:ciiiro:20190422121747j:image

 

あとはクッションを入れると座らせた時に隙間が埋まり安定はするのだけど、子供を座らせる時にイスに入れづらい。その際は、イスの正面から子供を入れるのではなく イスの背後から滑らせるように入れると良い。

それから、食事中、子供はなかな食べることに集中してくれないことも多く、口周りが汚れた状態でキョロキョロすることもよくあり、そのままクッションの上の部分にスリスリなんかして汚れる。洗濯する頻度を増やせば済む話なのだけど、私のようにしょっちゅう洗うのがめんどくさいという方にはダークグレーは比較的汚れが目立ちにくくて良いかも。

f:id:ciiiro:20190422142445j:image

 

 

リエンダー ハイチェアには日本正規品と並行輸入品がある

 

実はリエンダーのハイチェアには日本正規品と並行輸入品がある。

私がリエンダーを購入するにあたり どちらにするか一番悩んだポイントがここ。

なぜなら、日本正規品と並行輸入品とで値段が違うから。

 日本正規品と並行輸入品の違いとは

  以下は、リエーンダー社を輸入する日本の代理店であるスキャンデックスが掲載されている説明書きを一部まとめて箇条書きにした。

 ・並行輸入品とはスキャンデックス以外の会社を通して日本国内に輸入されている製品のこと。
・製品使用が正規輸入品とは異なる部分がある。
並行輸入品に関しては品質基準が異なる。
並行輸入で購入した商品に関しては一部の部品が異なることから 有償であっても対応出来ない場合がある。
・日本正規品は8年保証期間あり。
などなど。

https://www.scandex.co.jp/wp/wp-content/themes/scandex/img/leander/leander_attention.pdf

 

私は息子が小学生になってからも使うことを考えると、いろいろな不安材料がないようにと念の為に日本正規品を選んだ。決め手は8年保証。

でも、正直なところ購入後の今となっても果たしてそれは正解だったか分からない、並行輸入品でも良かったかなぁと思ったりもする、ネットで調べたところ並行輸入品を扱うメーカーでも3年保証がつくところがあるから。

私は保険的な意味も含めて保証期間の長い日本正規品を購入したことに後悔はないけれど ネットの口コミでも並行輸入品に関しての良くない評価は見つからなかったので3年保証でも十分な気もする。

 

 セーフティーバーとクッションも日本正規品と並行輸入品がある

リエンダーのイス本体だけでなく セーフティーバーとクッションにもそれぞれ日本正規品と並行輸入品がある。

 

(並行輸入品のセーフティーバー)

並行輸入品から見るとわかりやすい、イス本体とつなげるバーの部分に羽と溝がある。

取り付け方はイスを正面にみた前面から取り付けるタイプ。

[http://]

 

 

 (日本正規品のセーフティーバー)

一方、日本正規品はリエンダーセーフティーバーを本体にとめる部分の溝が子供の指を詰める恐れがあるため、羽と溝をなくしたシンプルな形状になっている。取り付け方は背後から取り付けるタイプ。

この点に関しても意見が分かれるところだけど、、個人的に羽の部分の溝の危険性はとくに気にならなそうだから、これに関しては輸入品でも良かったかなとは思っている。

 

(クッション)

日本正規品は一定の安全性評価基準をクリアしたエコテックス規格認証生地を使用している。

 

・ 

 

 

 以上、リエンダーハイチェアとその他付属品に関しての情報。

私のように並行輸入品にするか日本正規品にするか悩む方って多いのではないだろうか。悩むよね、失敗しても簡単に買い直しが出来ないし。

文中でも書いたけど、私自身 日本正規品にしたことに満足はしているけど 本当のところの正解は未だに分からない。

ただ、何の買い物をするにもそうだと思うんだけど、どの点が不安要素なのかを自身で把握してその点を解消出来るような物選びが出来れば、納得出来るのではないかと思う。

今回のハイチェア本体に関しては、主に保証期間の長さがポイントになってくるのだと思うけど。

いづれにせよ、納得のいくお買い物をする為には(子供の為だけでなく自分の為にも)、事前の情報集めやイメージづくりって重要だなぁとつくづく思う。

まぁ、それは何事においてもそうなのだけど。

 

f:id:ciiiro:20190422142137j:image

 

[http://

]

 

 

(ブログ内の関連記事)

 

www.shiohirachihiro.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com