離乳食の中期以降に!バナナパンケーキのレシピと保存方法

最近は9ヶ月の息子用におやつを手作りしています。

とは言え、めんどくさいことは苦手。

いかに簡単に美味しく余計なモノはいれずに作れるか…。

試行錯誤した結果、出来ましたよ。

混ぜて焼くだけの超簡単。

しかも冷凍保存も可能、いざという時に便利です。

f:id:ciiiro:20190622091059j:image

 

 

 

 

離乳食 バナナパンケーキのレシピ

(材料)

  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー(アルミフリー)  小さじ1
  • 牛乳 1/2カップ
  • バナナ 1本
  • こめ油 大さじ

 

我が家はこちらのこめ油をつかってます。

www.shiohirachihiro.com

 

 (手順)

バナナをフォークの背でつぶす。

 

ボウルに薄力粉とベーキングパウダーをいれて、泡だて器でぐるりとかきまぜる。

 

②に牛乳とこめ油をいれて粉っぽさがなくなるまぜて、バナナを加えてさらにかるくまぜる。

 

③をフライパンもしくはワッフルメーカーで焼く。

 

砂糖と卵はつかっていませんが、バナナが入っているのでふっくらしっとり、控えめながら甘さも感じられる仕上がりになります。

ちなみに、大人が食べる時はハチミツやジャムをつけて食べれば物足りなさはなく満足度が高まります。

f:id:ciiiro:20190622091121j:image

 

※このバナナパンケーキは子供が歯が生え始めたモグモグ期(7ヶ月〜9ヶ月)以降を目安に与えて下さい。パンケーキの生地は少しもちもちしているので、小さなお子さんに食べさせるときは、喉につまらせないようにちぎって食べさせてくださいね。

 

離乳食 バナナパンケーキの保存と解凍

余ったバナナパンケーキはジップロックなどの保存袋に入れて、冷凍可能です。

食べさせたい時に自然解凍すればオッケイ。

冷凍庫から取り出したパンケーキ、解凍する時にラップにつつんでおくと、ラップに水滴がたまってきます。

なので、お出かけ時に外に持っていきたい場合は、きちんと解凍されてから袋などに入れて持ち歩くようにしましょう。そうでないと、パンケーキがベシャッとなる場合があります。

 

 

離乳食でバナナはいつから?アレルギーは?

そもそも、バナナはいつから与えるのが正解なのか。今更ながら調べてみました。

バナナは離乳食の初期段階 ごっくん期(5ヶ月~8ヶ月)から食べさせて大丈夫とのこと。

ただし、アレルギー源を引き起こす原因となりうる食材として指定されている品目なので、最初のうちは加熱したものを少しずつ与える方が良いみたいです。

このバナナパンケーキをつくるきっかけは、何気なく買った市販の赤ちゃん用のおやつでした。

外出先で息子が小腹が空かないようにそれを買ったのですが、品質表示をみてみると、ショートニング、卵、砂糖、塩などいろいろ入ってる…

「今朝 卵は食べさせたし、、ショートニング、、ん〜…。砂糖も塩もなるべくなら入ってない方がいいな…。」とか思い、それからはお出かけする時でも持ち歩けるように卵と砂糖なしのバナナパンケーキを作ってます。

私は、どちらかというと離乳食を特別熱心につくるタイプではないんですが。でも、試行錯誤でなにかこうひとつずつ自分なりにクリア出来たときは、やっぱり達成感があるし、自己満だけど自信にも繋がります。

何より、今回はワッフルメーカーを使うのが楽しくてポコポコとパンケーキを焼きました(やっぱり自己満)。

 

 (過去の関連記事)

www.shiohirachihiro.com

 

www.shiohirachihiro.com

 

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です