『フレディ・レック・ウォッシュサロン』のバルコニーサンダル

Pocket

今の家に住み始めてから、ずっと買い替えようと思っていた浴室用スリッパ。

なかなか気に入ったのが見つからず、ずっとそのままにしていたのですが、この度ようやく購入出来ました〜、

という今回はそんな話。

『フレディ・レック・ウォッシュサロン』のバルコニーサンダルが浴室用に便利。

購入したのがこちら。

『フレディ・レック・ウォッシュサロン』というドイツのベルリンと東京にあるコインランドリーのメーカーのモノです。

そもそも、浴室用のスリッパを探しているとき、キーワードでネットで検索してもなかなか良い感じのが出てこなくって、そんな時に目についたのがこちらのサンダル。

ロゴを見てみると、確かに、雑貨屋さんとかでここのランドリーグッズ見かけたことあるなぁみたいな。

ちなみに、ブランドの公式サイトには

私たちのブランドでは、ドイツ製の優れたランドリーグッズとともに、日本の生活様式に合わせたアイテムも多数開発しています。

と書かれています。

が、このバルコニーサンダル自体は「made in chiana」です。

中の仕様は、水が貯まらない様になっていて、

なので、裏側まで通気性が考えられています。

やっぱり浴室用で使う時って、これが一番重要なポイントかも。

特に我が家は、築年数のある外人住宅。

浴室のタイルもそのまま当時からのモノなので、頻繁に掃除をしないと汚れちゃう。

掃除の度に、スリッパが濡れるのを気にするわけにもいかないので。

あとは、デザインね。

別にオシャレなモノでなくっても良いんだけど、意外と探すと見つからないのがこの手のモノ。

シンプルで清潔感があって、通気性をクリアするっていうだけなのに、結構難しい。

まとめ

しょうがないけど、「暮らす」ということにおいては、見せたくい・隠せない部分ってのがどうしても出てきてしまう。

特に、こういうスリッパって、微妙な生活感がでるというか。

我が家の場合は、浴室兼トイレなので、来客がある時も少なからず気にせずにはいられない…。

でもまぁ、その場所の状態は変えられずとも、せめて使うアイテムに気を使うだけで気分も見た目も変わるかなーと思ってます。

あ、ちなみにこちらのアイテム。

サイズは、25.5センチ〜27センチとユニセックス仕様です。

カカトのないスリッポンタイプなので、サッと履けますよ。


『ciromedia』のinstagramはこちらから。

楽天ROOMはこちらから。

by
関連記事