期待値を超える

Pocket

「暮らしの手帖」の元編集長、松浦弥太郎さんが書かれている本が好きです。

彼の物事における考え方・捉え方はシンプルでありながら、実はグッっと踏み込んだ部分が世の真理をついていて「なるほどなぁ」と学ぶことばかりです。

しかも、これまで出版された数多くの本はそれぞれで視点の切り口が違うので、読み手の状況や心情によっても発見や響くモノが全く異なるから不思議です。むしろそれが彼の本の特徴とも言えるのかもしれません。

さて。

今回は『期待値を超える』のことを。




『期待値を超える』ってどんな本?

松浦弥太郎さんと聞くと、大抵の方は「丁寧な暮らし」というワードが浮かぶのではないでしょうか。

たしかに、暮らし関連のことを執筆されている本も多いです。

一方でこの本は、表紙にもあるように、「僕が失敗しながら学んできた仕事の方法」というように「仕事」の話が軸となっています。

例えば、仕事をする上での思考法や姿勢、あるいは対人関係の築き方などが具体的に書かれています。

そのなかでも「商いとはなにか」と「商売人とはなにか」という章を読むと、これまでの弥太郎さんからのイメージとはまたちがう印象を受ける人も少なくないはず。

本の一節の中には「雑誌の編集に必要なのは商売のスキルだった」とあるのですが、その商売のスキルとはなんぞや、みたいなことを彼らしい表現をもって優しくわかりやすく説明してくれる一冊です。




まとめ

本書には「リアルな仕事の現場で必要とされるコミュニケーションの大切さをお伝えします」とはっきり書かれているのですが、まさにそれが商売人のスキルを身につける上での絶対要素らしいのです。

最初にもふれたように、弥太郎さんの書かれていること(言ってること)って一貫していて、明快でシンプル。

だからこそ、単純にも忘れがちだったり見落としがちだったりすることを、この本は彼の経験をふまえて「こうするときっといいよ。」と具体的な手段で示してくれています。

特にフリーランスで働きたい人(働いてる人)、これから商売を始める人(始めてる人)にとって大きく作用するのではないかなぁ。

そんな本です。

(ブログ内の松浦弥太郎さん関連記事)

人生を豊かにしてくれる「お金」と「仕事」の育て方

松浦弥太郎(著)/ブログに役立つおすすめ本3選

ヤタロウズ・グラノーラ(通販可能)を頂きました。


『ciromedia』も人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけると日々の更新の励みになります。

人気ブログランキング ciro個人のインスタグラムはこちらから。

『ciromedia』のinstagramはこちらから。

楽天ROOMはこちらから。

by
関連記事