おきなわを暮らす、

イタリアから繋がる沖縄での生活。

イタリア 生ハムの産地 Montagnana(モンタニャーナ)の蚤の市

美しい壁を持つ街としても知られているMontagnagna(モンタニャーナ)。

観光地としての知名度はそんなに高くはないけど なかなか風情があるというか ちょっとした街歩きにはいいサイズ感。

そんな街でも蚤の市が開催されている。

 

後ろに見えるのが城壁。

f:id:ciiiro:20190405153841j:image

 

で、こちらの後ろの建物は元々 映画館だったよう。

f:id:ciiiro:20190405153916j:image

 

以前の記事にも書いたけど。イタリアの蚤の市の古物は フランスやイギリスに比べるとアンティークと呼ばれる年代のものは比較的に数は少ないかもしれない。でもヴィンテージモノはわりと手頃な価格で面白いものも多く楽しめるモノが多い。

f:id:ciiiro:20190405154100j:image

 

ワインを保存する瓶とかも。

右下のクロスハンガー、個人的に大好きなアイテム。この仕様のハンガーは今ではもう作られておらず蚤の市でも見かける場面が減ってきているので 見つけ次第買っておきたいアイテム(日本ではそれなりの値段がつけられている)。

f:id:ciiiro:20190405154030j:image

 

ジャンクなアイテム一覧表。

まるでダンボールを台紙にした標本のような見栄え。

f:id:ciiiro:20190405154130j:image

 

生ハムの産地でもあるMontagnana。

DOP(原産地名称保護制度)に指定されているのがこの街のProsciutto Montagnana(プロシュット モンタニャーナ)とよばれる生ハム。

生産量が少なくあまり外に出回らないので なかなか希少価値があるよう。

例え 蚤の市で肩透かしをくらってもこの生ハムを食べさえすれば 旅の疲れ共々に吹き飛ぶこと間違いない。

 

【イタリア Montagnana(モンタニャーナ)の蚤の市】

https://www.facebook.com/mercatinoamontagnana/

(開催地)

MontagnanaのCentro Storico(旧市街)付近。

※Centro Storicoとは街の中心地

(行き方)

Padovaから電車で1時間くらい。

Montagnana駅からCentro Storicoまでは徒歩で10分もかからない。

(開催日)

毎月第3日曜日(7月8月を除く)

(時間帯)

9:00〜17:00頃まで

(出展者数)

100前後

(電話番号)

042981247

 

(関連情報)

amoitaliaにもmontagnanaについて掲載されている。

amoitalia.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com