読書

  • 2021年11月04日

    『沖縄島料理 食と暮らしの記録と記憶』

    もちろん発売後にすぐ買いましたよ。 『沖縄島料理』。 この本は、『沖縄島建築』に続く第二弾になります。 いやぁ。 写真もテキストも構成...

  • 2021年11月03日

    【家族と一年誌 『家族』2号】

    家族と一年誌『家族』は一つの家族の一年間の姿を追うことで、そんなたった一つしかない「物語」に出会い、形にし続けたいと思っています。 そ...

  • 2021年10月23日

    『会って、話すこと。』

    著者は『読みたいことを、書けばいい。』の田中泰延さん。 前作の本で、彼の文章術というかその人柄のユーモアさにすっかりファンとなってしま...

  • 2021年10月21日

    『アンティークタミゼ・スクラップブック』

    「かみのいえ」に目を通してから、この1冊に触れると改めてこの店主の審美眼と知識というのはすごいなぁと思わされます。 昔、友人が、「あの...

  • 2021年09月29日

    『苦手な人が気にならなくなる本』

    本屋のお会計時にレジに持っていくのが少し気が引ける様なタイトルのこの1冊。 実は『大人の片付け』の著者である一田憲子さんが、この本を読...

  • 2021年09月21日

    『大人の片づけ』

    最近のわたしのブログを書くモチベーションと言えば、雑誌『暮らしのおへそ』の編集ディレクター・一田憲子さんのブログを読むことです。 一田...

  • 2021年09月15日

    アンティーク タミゼ/『かみのいえ』

    20代前半の頃、恵比寿の『アンティーク タミゼ』に初めて行きました。 当時はまだ若かったし、物に対する見方や経験もずっと浅くって、何を...

  • 2021年07月08日

    シェフたちのコロナ渦

    出版されてすぐに購入したのこの本。 まずタイトルに惹かれて。 まさに我が家の主人も料理人だし、去年から始まったコロナ社会での流れで勤め...

  • 2021年02月22日

    『はちみつ日和』

    ここ最近、ブログに書いている私事の花粉症(鼻炎)対策に関してなんですが、今回もちょっとそれ絡みです。 先日、『森羅万象のはちみつ』にも...

  • 2021年01月23日

    お金の学校

    2021年に入ってまだ1ヶ月も経たないけれど、もはや年内でこの本を超えられる感動はナイんだろうなぁと早々に思ってます。 年を重ねるごと...

1 2 4