チロメディア

朝ごはんとやちむんの記録、沖縄とイタリアの記憶。

沖縄のふみやで琉球料理を味わおう

 ポーク卵やタコライスなどのチャンプルー文化が混ざった沖縄料理も良いけれど、たまに滋味深い琉球料理が食べたくなる時がある。

国際通りからもアクセスの良い【ふみや】は、オジーとオバーの支持率も高いローカルなお店で雰囲気も良い。ここでは気軽に琉球料理をいただくことができる。

 

index

 

 

ふみやの基本情報

【ふみや】

(住所)

那覇市前島3-17-9

(電話番号)

0988683309

(営業時間)

11:30〜21:00

※ランチは15:00まで

※21:00ラストオーダー

※基本、中休みなしで営業。

但し、忙しい日のランチ後には閉める場合もあるので、確実に行きたい場合は予約した方が良い。

(定休日)

日曜日

(駐車場)

5台くらいのスペースあり

 

南風原(はえばる)店あり。

(住所)

南風原町宮平251

(電話番号)
098-889-6253
(営業時間) 

11:00~22:00
日曜営業
(定休日)

旧盆・年末年始

f:id:ciiiro:20190515150337j:image

 

 

ふみやでの注文方法

まずはこの味のある木のおしながきを広げる。

その中からお目当てのメニューを決めたら、テーブルにセットされた注文用紙にチェックを入れて、用紙を直接おばちゃんに渡す。

f:id:ciiiro:20190515150352j:image

f:id:ciiiro:20190515150412j:image

f:id:ciiiro:20190516120509j:image

 

【ふみや】メニュー

ふみやの良いところは、セットのメニュー以外にも単品でも気軽に注文できるところ。

軽めの食事で済ませたい場合は、ジューシーや副菜のみとか、汁物のみなど自分の都合の良いように注文出来る。

この点は、決められたスケジュールでいろいろなお店を回ってあれこれ食べてみたいという旅行者にも優しいところだと思う。

ちなみに、おしながきに書かれているスペシャル定食(4000円)や、ふみや定食(3000円)は現在はやっていないとのこと。ふみや定食の2000円と1500円のものには、中味セット(イナムドゥチ)に煮付けとクーブイリチー(昆布の炒め煮)がついてくる感じ。

 

っていうか、注文用紙の一番下のコーラが「コーラー」になっている沖縄あるある。

f:id:ciiiro:20190516120433j:image

 

【ふみや】おすすめメニュー3選

  • 中味セット 1000円 (ランチ時間は900円)

以下、セット内容。

・フーチバージューシー(よもぎの炊き込みご飯)

・中味汁(豚のモツノお吸い物)

・スヌイ(もずく)

ミミガー(豚の耳の和え物)

・じーまーみーどうふ(ピーナッツ豆腐)

・すーねー(ほうれん草の白和え)

・でぃんがく(田芋でんがく)

・漬け物

・デザートのフルーツ(この日は缶詰めのパインだった)

 

  • イナムドゥチセット 1000円 (ランチ時は900円)

イナムドゥチ(豚肉の汁物で甘い味噌仕立て)

その他は中味セットと同じ

 

  • ソーキ汁 600円

ほぼ幻のソーキ汁、なぜなら今は1日で6杯分しか作られないという。

ふみやには何度か食べにきているけど、ソーキ汁を食べられたのは一度のみ。

ただし、電話での事前の予約も出来るとのことなので、希望の方は予約必須。

 

お店の側を通るとすぐにお出汁の良い香りが漂ってくる。

写真でも分かるように、ひとつひとつの料理がすごく丁寧に作られていて味も優しくでもしっかり旨味もあって本当に美味しい。

食堂価格でありながら、きちんとした琉球料理を満喫できるとても良いお店。

しかも、ランチタイムは中味セット、イナムドゥチセット、ゆしどうふセットと100円引きの900円。正直、通常の1000円でも安いと思う。

 

f:id:ciiiro:20190515150426j:image

 

【ふみや】のまとめ

  • 【ふみや】は丁寧な琉球料理がお手頃価格で味わえるお店
  • 【ふみや】おすすめメニュー3選を参考にしよう。
  • ソーキ汁は予約必須。
  • ランチタイムはセットメニューがお得。
  • 基本、中休み無しの通し営業。但し、忙しい日はランチタイム後に閉める場合もある、その際17:30から営業再開。
  • 店内は座敷なので子連れにも有り難い。

f:id:ciiiro:20190515150441j:image

 

お店はいつも、地元客で賑わっている。

人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします(切実)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[http://
人気ブログランキング]

 

(ブログ内の関連記事)

 

www.shiohirachihiro.com

 

 

www.shiohirachihiro.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com

 

パンとエスプレッソの店 repos(ルポ)のパン

こんなところにパン屋さんあるのかなぁっていう通りにあるrepos(ルポ) 。

朝食用のパンを求めて行ってきた。

 

 

 

【repos】(ルポ)の基本情報

パンとエスプレッソの店 repos(ルポ)

(住所)

浦添市仲間2-7-3

(電話番号)

0988783903

(営業日・営業時間)

火〜金 10:00~18:00

土曜日 10:30~18:00

(定休日)

日・月・祝祭日

f:id:ciiiro:20190517085051j:image

 

  •  

    【repos】(ルポ)の特徴

・ハード系からデニッシュ系、食パン、ベーグルまで並ぶ。

天然酵母を用いて焼き上げている。

エスプレッソをはじめカフェラテなどのドリンクもテイクアウト出来る。

f:id:ciiiro:20190517085115j:image

 

f:id:ciiiro:20190517085132j:image

【 repos】(ルポ)でのおすすめ

  • ハード系パン

個人的にはここのハード系のパンが好き。

バゲットはしっかりとした食べごたえがあり外もバリっとしている、ハード系はバリっと感はかなり重要だと思う。

  • ベーグル

買いにいったこの日はあいにくベーグルは売り切れ(13時頃)。

ネットの口コミでおすすめしている人が多い。

f:id:ciiiro:20190517085156j:image 

f:id:ciiiro:20190517085227j:image

 

朝ごはんとやちむん

(メニュー)

  • reposのパンのみ

 

f:id:ciiiro:20190517085752j:image

左から時計まわり

・くるみとキャラメルの全粒パン 200円

・スモークソーセージと甘酢ピクルス 160円

シナモンロール 216円

・クロワッサン 140円

・あずきパン 140円くらい

パン・オ・ショコラ 210円

 

出来立ての方がもっと美味しいに決まっているんだけど、だいたい買ったパンは翌朝に食べることが多い。その時、霧吹きとか、もしなければ濡らした手で軽くパッパとパンに水をかけてトースター(オーブン)で温めるだけで全然違う。f:id:ciiiro:20190517092800j:image

 

(やちむん)

・読谷のやちむんの里内にある山田真萬さんのところの六寸皿。

f:id:ciiiro:20190517085809j:image

 

 ・同じく、読谷村やちむんの里内 北窯の米司工房の六寸皿。

f:id:ciiiro:20190517085825j:image

ごちそうさまでした。


人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします(切実)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[http://
人気ブログランキング]

 (ブログ内の関連記事)

www.shiohirachihiro.com

  

www.shiohirachihiro.com

 

www.shiohirachihiro.com

 

久高島へはフェリーで日帰りで行ける?!神の島へ子連れで行ってきた。

神の島と呼ばれる久高島。

予定した人が悪天候で船が出ずにして行かれなくなった場合など、その人はまだ久高島から呼ばれていない人とも言われるらしい。

というと、呼ばれた人だけが行ける神の島ということになる。

 

 

 

久高島への行き方と観光、食事処のポイント

(久高島への行き方)

  • 沖縄本島南城市の安座真港から船に乗って久高島に渡る。
  • 日帰りで行ける島としてアクセスも良い。
  • 安座真港には無料の駐車場があるのでそちらに車は停められる。

f:id:ciiiro:20190513111559j:image

空港から公共の交通機関を使って安座真港へ移動する方は以下のリンクを参考に。

久高島の行き方、アクセス | 沖縄・離島の旅

 

f:id:ciiiro:20190513111646j:image

(運行時間)

①久高島向け(安座真発)

1便 09:00 高速船
2便 10:00 フェリー
3便 11:30 高速船
4便 14:00 フェリー
5便 15:30 高速船
6便 17:00(冬期)
17:30(夏期) フェリー

 

②安座真港向け(久高島発)
1便 08:00 高速船
2便 09:00 フェリー
3便 11:00 高速船
4便 13:00 フェリー
5便 15:00 高速船
6便 16:30(冬期)
17:00(夏期) フェリー

※夏期:4/1~9/30、冬期:10/1~3/31

※船は二種類、フェリーくだかIII(フェリー)と高速船ニューくだかIII(高速船)がある。

 

(所要時間)

  • フェリー 約25分、
  • 高速船 約15分

 

(料金 2019年 5月現在)

  • フェリーくだかIII

大人:往復¥1,280/片道¥670
小人:往復¥650/片道¥340

  • 高速船ニューくだかIII 

大人:往復¥1,460/片道¥760
小人:往復¥750/片道¥390                                                                                        

※予約は不要で当日切符売り場で購入出来る。

(参考) 久高島フェリー 定期航路(定期船)久高海運

f:id:ciiiro:20190513111706j:image

 

(久高島での注意事項)

神聖な島、久高島は沖縄本島とは違ったしきたりや守りごとなどがある。

以下の注意事項に気をつけよう。

  • 拝所などの聖地は、古来より島の人々は勿論、琉球の人々が大切に守ってた場所。気軽に立ち入れない場所もあるので訪れる際は要確認(クボウウタキなど)。
  • 島から石や植物、動物等を持ち帰らないこと。その場所にあるのが一番(自然との共生)という考え。
  • 行事、神事の日はカミンチュ(神人)以外集落より北側には行けない。
  • 島を美しく守るため、持ち込んだ「もの」(ゴミとなるもの)は持ち帰ること。
  • キャンプは指定の場所以外は厳禁。
  • 水着で島内を歩かないこと。  
  • 観光名所近くにはトイレや自動販売機などもないので、久高島船待合所などで済ませて用意しておくこと。                 

※久高島の人口は290人程、島内ですれ違うときは挨拶や会釈をすると気持ちよく観光することが出来る。

 

(島の回り方)

  • 島は自転車で2時間くらいで一周出来る大きさなので自転車がおすすめ。
  • 島内には3か所、自転車が借りられるところがある。 

写真は、港から徒歩1分の久高島船待合所。

f:id:ciiiro:20190513111800j:image 

 

貸自転車と海。

f:id:ciiiro:20190513112644j:image

 

(貸自転車の料金)

以下の写真を参考までに。

f:id:ciiiro:20190513111919j:image

 

(観光地)

  • クボウウタキ
  • 外間殿
  • カベール
  • 久高殿
  • 伊敷浜
  • 大里家

安座間港を出発する時にこのような説明書きがもらえるので、ここではそれぞれの詳細説明は省く。

f:id:ciiiro:20190514115108j:image

 

 

(お食事出来る店)

久高島には三つお食事できるところがある。              

 

私たちは『けい』で食事をした。

 

『けい』の基本情報

(営業時間)

10:00から夕方くらいまでとの事。

(住所)
南城市知念字久高223 

(電話)

098-948-1051

f:id:ciiiro:20190513112112j:image

 店内の様子。

f:id:ciiiro:20190513112135j:image

 

こじんまりとした座敷中心となっていて、子連れには有り難い。

f:id:ciiiro:20190513112202j:image

 

注文したカレーライス(汁物つき)と沖縄そば

カレーも昔ながらの懐かしいカレー、沖縄そばもきちんと鰹出汁をとっているような優しいスープだった。

かき氷とぜんざいは15時以降注文可能。

f:id:ciiiro:20190513112359j:image

 

 

久高島を子連れで楽しむには?!赤ちゃんがいても大丈夫?

8か月の息子がいる私たちには、レンタサイクルで島内を周ることは厳しい。

ということで、徒歩で周ることにした。

散歩のようにゆっくり歩きながらでも十分に楽しめたのので、他にも小さいお子さんがいる方達の参考になれば嬉しい。

 

(子連れで楽しむ久高島コツ)

  • ベビーカーと抱っこひもは必須

抱っこひもで歩き続けるのはかなりの苦行。でも、途中ベビーカーに乗せた子供がぐずる可能性もあるので抱っこひもも用意していた方が良い。

 

  • 子供には帽子はもちろん気になる方は日焼け止めなどの対策も。

緑が多いのと、日陰のある場所もあまりないので子供の日焼け対策には気をつけよう。途中、水分補給も忘れずに。

 

  • 道はがたがたしているところもあるのでしっかりしたベビーカーだとなお良い  

舗装されていない道もある。

f:id:ciiiro:20190513114732j:image

 

このようにガタガタしている。

f:id:ciiiro:20190513114800j:image

 

  • 欲張って全部を見て回ろうとしないこと

ゆっくり歩き歩きをして楽しむこと、観光地を全てまわるのはハードなので1つ2つ回れたらオッケーくらいなスタンスで。

私たちはクボウウタキ(フボーウタキ)と近くのイシキ浜を目指して歩いた。

 

クボウウタキを近くに行くと目印がある。

f:id:ciiiro:20190513114822j:image 

 

説明書き。

f:id:ciiiro:20190513114844j:image

 

立ち入り禁止なので、説明書きの横から眺めるのみ。

f:id:ciiiro:20190513114901j:image

 

そこから歩いて10分くらい、イシキ浜。

f:id:ciiiro:20190513114927j:image

 

本やネットで調べていた久高島の写真、こういうイメージ。

f:id:ciiiro:20190513114945j:image

 

海には入れないので眺めるだけ。

f:id:ciiiro:20190513115005j:image

 

私たちは、当日は10時半頃に久高島に到着した。

それから、すぐに『けい』で食事をとり、ゆっくりゆっくりクボウウタキを目指してその後イシキ浜へ。そして、また港へ戻った。島内は、観光名所を携帯のグーグルマップに入れても出てこないことが多いので、途中、島の方達に道を尋ねながら、たまにオジーとおしゃべりしながらヤギとも遭遇しながらポイントを目指した。

f:id:ciiiro:20190514124105j:image

帰りの船は13時の便に乗った。

久高島には2時間半の滞在、息子もぐずらずに楽しめるちょうど良い塩梅だった。

 

( 久高島ガイドツアー) 

希望者にはガイドツアーも行なっている。

ホーム - 【公式サイト】久高島ガイドツアー申し込みのご案内

 

(宿泊施設)

久高島に泊まってみたいという方は是非。

宿泊交流館お部屋 | 【公式サイト】久高島宿泊交流館

 

 

(まとめ)

個人的には、久高島は何かをお目当てに来るっていう島ではないと思っていて。

でも、自然と海以外には何もないからからこそある良さを確実に感じた。

当初、「神の島」「パワースポット」ということに惹かれたことがきっかけでこの島に来た。でも結果、何かにあやかれたということよりも、この島を訪れたことによって触れられる自然から、「心を解放出来た」「心をからっぽに出来た」というのが1番の喜びになった気がしている。

沖縄本島からアクセスもスムーズで日帰りで行ける久高島は、非日常を体験させてくれる場所としておすすめできる。

人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします(切実)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[http://
人気ブログランキング]

 

 (ブログ内の関連記事)

www.shiohirachihiro.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com

 

簡単朝ごはんとやちむん vol.3

簡単朝ごはんとやちむん

(メニュー)

f:id:ciiiro:20190509165314j:image

 

(やちむんとその他)

  •  メロンをいれているやちむんは江口窯の三寸碗。
  • 木のカトラリーは五え松工房のカトラリー、スプーンはグラノーラやスープを頂くときにちょうど良い。買い足したフルーツフォークはフルーツ以外には和菓子を食べる時にも重宝している。

f:id:ciiiro:20190509165344j:image

 

ごちそうさまでした。

f:id:ciiiro:20190509165356j:image

・ 

 

 江口窯のやちむん

先日、那覇の桜坂にあるふくら舎で購入した三寸碗。

のぼり窯で焼かれたそれは優しい色合いの白、手におさまる程の小ぶりサイズにしてすらっとした形。

三寸碗はこのようにフルーツをのっけたり、副菜をいれる小鉢として、それから子供の離乳食の時なんかでもとても使い勝手が良いので便利。

f:id:ciiiro:20190511083201j:image

 

【江口窯に関して】

江口聡さんのプロフィール

本部の海が見渡せる自然豊かな工房にて、のぼり釜で生まれた器は味わい溢大らかでユーモラスな絵柄にも定評あり。
1994~2001年 人間国宝 金城次郎窯 宮城須美子氏の下で修行
2002~2003年 本部町崎本部に工房設立、登り窯築窯
2004年 江口窯 創窯 初窯焚き

(参考)ふくら舎のHPと情報から

 

江口さんはふくら舎が過去に企画した『琉球ポタリー 温故知新』のプロジェクトにも参加されている。内容は琉球王朝時代の古作や、17世紀の壺屋焼に倣ったものなどを復刻させるというもの。

そしてこのプロジェクトに関わった参加メンバーもすごい。

読谷村「茂生窯」の上江洲茂生さん、

「北窯」の宮城正享さん・松田米司さん・松田共司さん、

大宜味村「陶藝玉城」の玉城望さんと若子さん夫妻、

松田米司工房から独立した「陶器工房 風香原(ふうかばる)」の仲里香織さん。

それから江口窯の江口聡さんとまさにドリームチーム。

復刻するにあたり制作は、それぞれが自身の工房や窯で行ったそう。

 

以下は、2015年4月にふくら舎にて行われたイベント概要。

『16世紀以前から続くやちむんの長い歴史の中で、途切れてしまった手法や現在では創られなくなってしまった器があるのをご存知でしょうか?
昨年よりふくら舎では、「琉球ポタリー 温故知新」プロジェクトを立ち上げ、琉球古陶と呼ばれる器の復刻に8名の陶工と共に挑みました。
現代よりも高い技術を要する琉球古陶の復刻は、作り方すら全くわからない状態からスタートした作品もあり、何度も研究と試作を繰り返す日々。なかなか思うようにいかないことの連続でしたが、作り手のアレンジも加えることで「美しさ」「存在感」「伝統」を兼ね備えた新しい沖縄陶器が誕生しました。
ふくら舎にて200点以上の作品を実際に手に取ってご覧になれます。』

参考 ふくら舎HPブログ より

 

それから日本文化の入り口マガジン[わらく]のサイトからの記事。

温故知新により復刻された古陶をカテゴリー別に分類して、古陶本来の使われ方や意味とあわせて丁寧に説明してくれている。

intojapanwaraku.com

 

ふくら舎は、那覇に行く時にはのぞくようにしている。桜坂劇場内にあるふくら舎は1Fは雑貨と古本、2Fは沖縄クラフトをメインに展開していてやちむんの取り扱いも豊富。商品数も多いので見ていて楽しい。

ふくら舎をのぞく時は、壺屋と公設市場界隈もついでに散歩するのだけど、車を駐車するのは桜坂劇場向かいの駐車場 がおすすめ。5時間以内で500円と立地的にも都合が良い。

f:id:ciiiro:20190512173529j:image

人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします(切実)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

[http://
人気ブログランキング]

 

(ブログ内の関連記事)

 

www.shiohirachihiro.com

  

www.shiohirachihiro.com

 

 

www.shiohirachihiro.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com

    

 

丸三(まるみつ)冷やし物店の白くま

糸満市にある丸三(まるみつ)冷やし物店に行ってきた。

しかも、火曜日休みと知らずに前日も来てしまった、故の翌日リベンジ。

f:id:ciiiro:20190509165017j:image

 

 

丸三(まるみつ)冷やし物店の情報とおすすめメニュー

 店舗情報

【丸三(まるみつ)冷やし物店】

(住所)

沖縄県糸満市糸満967−29

(電話番号)

098-995-0305

(営業時間)

11:00〜17:00(16:30ラストオーダー)

(定休日)

火曜日

f:id:ciiiro:20190509165055j:image

 

おすすめメニュー

ここにきたらやっぱりこれです、白くま(500円)。

金時豆の目に真っ赤なさくらんぼの鼻、パイナップルの眉毛に、みかんの小さな口元が微笑んでくれている、通称まるみつくん。

表面はたっぷりの練乳をまとい、お腹の中には控えめにぜんざいをたくわえている。

練乳のかけ方は企業秘密とのこと。

f:id:ciiiro:20190510152903j:image

 

ミルクぜんざい(450円)とまるみつくんの並び。

まるみつくんは一回り大きい。

f:id:ciiiro:20190510191303j:image

 

この日はゴールデンウィーク明けの天気が悪い日ということもあってか、お客さんはうちらと、あとに来た常連風のおばちゃん二人だけだった(うち一人は沖縄そばを食べていた)。

夏はとても賑わうらしい、そりゃそうだ。

f:id:ciiiro:20190509165112j:image

 

お店に入ってすぐに目がいったのはこの床の模様。

f:id:ciiiro:20190509165135j:image

 

店主の趣味があるお店ってお客さんも嬉しいと思う。

f:id:ciiiro:20190509165150j:image

 

 

乗っ取り!?丸三(まるみつ)冷やし物店といなみね冷やし物専門店

さて、一応このことにも触れておく。

ネットで調べたら名前乗っ取り騒動みたいな記事がいくつか出てくきて、「元祖」や「偽物」というワードが飛び交っている。

丸三(まるみつ)冷やし物店といなみね冷やし物専門店のことである。

本当のところの真相は分からないし、そもそもその噂自体がただの噂に過ぎないのか分からないけど。

でも、今回、初めてまるみつくんの方を食べに行くにあたり、あのお店の名前なんだっけなーと思い出せずに、「沖縄、しろくま、かき氷」と検索したら、丸三(まるみつ)冷やし物店と、いなみね冷やし物専門店と両方が出てきてどちらか迷ってしまった。

しかも、口コミなどを追っていくとその名前乗っ取り騒動がでてきて、最初は意味が分からずに余計に混乱してしまった。

わたしが訪れたのは丸三(まるみつ)冷やし物店。

繰り返すけど、『どちらが本物で〜』とかそういうことを書きたいわけではない。

ただ、「沖縄、白くま、かき氷」と検索すると、この2つのお店が出てくるよというお知らせも含めて書いておく。

ネットで検索するとそれぞれのお店の様子はいくらでも見れるので、好きそうなところに行ってみたらいいと思うし、機会があれば両方行ってみてもいいと思う。

ちなみにわたしはビームスの沖縄の本でを通して、丸三(まるみつ)冷やし物店を知って行ってみたいなと思ったのがきっかけだった。

丸三(まるみつ)冷やし物店からは、以前ブログで書いたうまんちゅ市場も南部そばも近い。

人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします(切実)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[http://
人気ブログランキング]

 

(ブログ内の関連記事)

www.shiohirachihiro.com

www.shiohirachihiro.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com

 

 

 

沖縄でタンタンの肉まんを食べる

そういうば、肉まんが嫌いな人に会ったことがない。

写真は浦添市にある手作り肉まんの店Tang Tang(タンタン)の肉まん。

観光雑誌にはあまり掲載されていないけど、みんなの沖縄の口コミ情報としては載っていた。

f:id:ciiiro:20190509120030j:image

手作り肉まんの店Tang Tang(タンタン)の情報とおすすめメニュー

 

Tang Tang(たんたん)

(住所)

浦添市城間4丁目42-6

(電話番号)

0988788835

(営業時間)

9:00〜売り切れまで

※月曜日は12:00から

※土曜日は16:00まで(売り切れ時は閉店)

(店休日)

日曜日、旧盆、年末年始

 

f:id:ciiiro:20190508135159j:image

(タンタンのメニュー)

  • 饅頭
  • 肉まん 185円
  • あんまん 185円
  • 角煮油味噌まん 237円
  • その他、季節限定の饅頭あり。
  • ※春限定 鶏まん 216円(3月〜5月)
  • ※夏限定 カレーまん 200円(6月〜8月)
  • ※秋限定 野菜まん 210円(9月〜11月)
  • ※冬限定 牛まん 226円(12月〜2月)
  • その他、デザート、スープ、夏季限定でぜんざいなどあり。

f:id:ciiiro:20190508135355j:image

 

タンタンでのおすすめ

  • 肉まん

一押しは肉まん。

季節物や角煮油味噌まんももちろん味付けがそれぞれに上手ですごく美味しいんだけど、皮とあんの全体的なバランスが完璧に近いと言ってたいい程の肉まんは絶対外せない。

 

  • タンタンセット

肉まん、杏仁豆腐、鶏団子スープ(大)の内容で570円。

それぞれ単品で頼むより割安となっている。

f:id:ciiiro:20190509083823j:image

 

デザートの杏仁豆腐と杏仁金時

f:id:ciiiro:20190509083839j:image

 

昔はイートイン可能だったんだけれど、今は持ち帰り専門店になっている。それでもいついってもお客さんが絶えない人気っぷり。それゆえ売り切れになることも多いので、来店前に電話注文して取り置きをお願いしておくのが確実。(土曜、祝日の11:30から13:00までは電話対応できないらしいので注意)

この日、わたしは電話注文しないで行った13時頃だったのだけどすでにあんまんは売り切れになっていた。

駐車場は4台分しかないがそこも常にだいたい埋まっていることが多い、でも持ち帰り専門店なので少し待てばだいたい駐車できる。

f:id:ciiiro:20190509085416j:image

 

 

さて。

買ったばかりの肉まん達を連れて、車で10分程の宜野湾マリーナでお昼とした。

息子がまだ小さいので、どこかご飯を食べに行ったりお茶しに行くにしてもまだまだ気を使う事も多い。でも、だからといって毎回家でご飯なんて退屈。そんな時は、どこかで美味しいモノを買ってただ外で食べるだけもものすごく楽しい。しかも沖縄は近場で海を見つけられるし。

沖縄の海を眺めながら肉まん、なかなか乙。

饅頭類はどれも一つのサイズがなかな大きくて食べ応えがある。それでも一口食べ始めると「旨い!」が止まらずあっというまにペロリと食べ終わってしまう。

結果、饅頭類の写真は最初の食べ始めの一枚のみとなってしまった。

f:id:ciiiro:20190508135412j:image

 

締めのデザート。

杏仁金時は黒蜜をかけて。

f:id:ciiiro:20190508135439j:image

 

杏仁豆腐はレモン水をかける。

f:id:ciiiro:20190508135458j:image

タンタンは持ち帰り専門だからこそ、旅行中の移動食にもおすすめできる。

人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします(切実)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[http://
人気ブログランキング]

 

(関連書籍)

楽天でバーゲン中。

[http://

]

 

(ブログ内の関連記事)

www.shiohirachihiro.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com

 

沖縄そばはどこがおすすめ?Vol.1 南部そば編

私のマイそば家はうるま市にある島そばだけど。

それでも、他に美味しいそば屋を探すことをやめているわけではない。

 

この日は糸満まで来たのでここに立ち寄ってみた。

f:id:ciiiro:20190507195131j:image

 

南部そばの特徴

  • こだわりのある自家麺

気温・湿度の管理された厨房奥にある製麺室で毎朝作っている自家麺は、特徴の異なる2種類の小麦粉をブレンドしたもっちりとした”コシ“のある麺。

それからなんといっても一番の特徴はつるっとした食感、普段の沖縄そばを食べる感覚で麺を口に運ぶとびっくりするくらいつるっとしている。

麺は程よくスープにからむように手もみでちぢれさせているんだとか。

また、製麺する際も気温・湿度に応じて水分・小麦粉の割合を調整することで一年を通して安定したおいしい麺づくりができるそう。

 

 

南部そばでのおすすめ

  • 看板メニューは店名にもなっていいる南部そば             

秘伝のタレでじっくりと煮込まれたてびち(豚足)がでかでかとのっている。

個人的にはてびちはあんまり得意ではないんだけど、これは見た目以上にこってりしていなくて余計な脂を感じることなく美味しかった。とろっとろに柔らかくてそれでいてくどくなく旨い。てびちは煮込む前にしっかり茹でることで油分・脂肪分を取り除いているところがポイントらしい。

天然コラーゲンが豊富というのも女性には嬉しい。

スープの出汁は鰹節風味を感じるあっさり系。

サイズは中で700円。

f:id:ciiiro:20190507195145j:image

 

こちらは本ソーキそばにじゅーしー(炊き込みごはん)セットをつけて。

 

本ソーキそば(大)にじゅーしーセット、980円。

f:id:ciiiro:20190507195200j:image

 

そうそう、南部そばはぜんざいセットをつけた。

ぜんざいセットはプラス180円、黒糖きなこでさらにプラス30円。

f:id:ciiiro:20190507195245j:image

 

店内はカウンター席と座敷もある。

f:id:ciiiro:20190507195300j:image

 

特徴的な麺が正統派の沖縄そばとは異なるんだけど でもその違いもしっかり美味しいと感じられる。

 

ここから車で5分くらいのところにうまんちゅ市場があるので ついでにそこも立ち寄るルートもおすすめ。

 

沖縄そば専門店 南部そば

(住所)

沖縄県糸満市潮崎町3-2-2

(営業時間)

11:00~17:00 (LO 16:30)

(定休日)

水曜日

(電話番号)

098-992-7711

(お知らせ)

この度、人気ブログランキングに参加しました。

いまいちまだ仕組みが分からないのですが、ランキング上位にいくにしたがってたくさんの人に読んでもらえるチャンスが増えるみたいです。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします(切実)。クリックはポチっと1クリックしていだだけたらそれで大丈夫です!

[http://
人気ブログランキング]

 

(ブログ内の関連記事)

www.shiohirachihiro.com

 

www.shiohirachihiro.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com