生麺タイプで有名な沖縄そば 南部編

私のマイそば家はうるま市にある島そばだけど。

それでも、他に美味しいそば屋を探すことをやめているわけではない。

 

この日は糸満まで来たのでここに立ち寄ってみた。

f:id:ciiiro:20190507195131j:image

 

南部そばの特徴

  • こだわりのある自家麺

気温・湿度の管理された厨房奥にある製麺室で毎朝作っている自家麺は、特徴の異なる2種類の小麦粉をブレンドしたもっちりとした”コシ“のある麺。

それからなんといっても一番の特徴はつるっとした食感、普段の沖縄そばを食べる感覚で麺を口に運ぶとびっくりするくらいつるっとしている。

麺は程よくスープにからむように手もみでちぢれさせているんだとか。

また、製麺する際も気温・湿度に応じて水分・小麦粉の割合を調整することで一年を通して安定したおいしい麺づくりができるそう。

 

 

南部そばでのおすすめ

  • 看板メニューは店名にもなっていいる南部そば             

秘伝のタレでじっくりと煮込まれたてびち(豚足)がでかでかとのっている。

個人的にはてびちはあんまり得意ではないんだけど、これは見た目以上にこってりしていなくて余計な脂を感じることなく美味しかった。とろっとろに柔らかくてそれでいてくどくなく旨い。てびちは煮込む前にしっかり茹でることで油分・脂肪分を取り除いているところがポイントらしい。

天然コラーゲンが豊富というのも女性には嬉しい。

スープの出汁は鰹節風味を感じるあっさり系。

サイズは中で700円。

f:id:ciiiro:20190507195145j:image

 

こちらは本ソーキそばにじゅーしー(炊き込みごはん)セットをつけて。

 

本ソーキそば(大)にじゅーしーセット、980円。

f:id:ciiiro:20190507195200j:image

 

そうそう、南部そばはぜんざいセットをつけた。

ぜんざいセットはプラス180円、黒糖きなこでさらにプラス30円。

f:id:ciiiro:20190507195245j:image

 

店内はカウンター席と座敷もある。

f:id:ciiiro:20190507195300j:image

 

特徴的な麺が正統派の沖縄そばとは異なるんだけど でもその違いもしっかり美味しいと感じられる。

 

ここから車で5分くらいのところにうまんちゅ市場があるので ついでにそこも立ち寄るルートもおすすめ。

 

沖縄そば専門店 南部そば

(住所)

沖縄県糸満市潮崎町3-2-2

(営業時間)

11:00~17:00 (LO 16:30)

(定休日)

水曜日

(電話番号)

098-992-7711

(お知らせ)

この度、人気ブログランキングに参加しました。

いまいちまだ仕組みが分からないのですが、ランキング上位にいくにしたがってたくさんの人に読んでもらえるチャンスが増えるみたいです。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします(切実)。クリックはポチっと1クリックしていだだけたらそれで大丈夫です!


人気ブログランキング

 

(ブログ内の関連記事)

www.shiohirachihiro.com

 

www.shiohirachihiro.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com

 

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です