チロメディア

朝ごはんとやちむんの記録、沖縄とイタリアの記憶。

沖縄で金月そばの沖縄そばを食べる

読谷に本店を構える金月そば。金月は「きんちち」と読む。

金月そばは、本来の沖縄そばのイメージとは少し異なるそばが食べられるお店。

では早速。

 

 

 

金月そば本店 基本情報

(住所)
沖縄県読谷村喜名201

(電話番号)
098-958-5896

(営業時間)
11:00~16:00

(定休日)
月曜定休:祝日営業

(駐車場)

あり。

お店は道の駅 喜名番所の道沿いにある。お店の向かいの無料の公共駐車場に停められる。

 

※その他、恩納店と国際通りむつみ食堂店あり。

f:id:ciiiro:20190530092846j:image

 

金月そば本店 メニュー

  • 金月そば 並 780円
  • 沖縄そば 並 650円(写真下)

f:id:ciiiro:20190530093318j:image

  • 炙り軟骨ソーキそば 並 700円
  • 担々そば 並 780円
  • ゆし豆腐そば 並 680円
  • そら豆味噌野菜そば 並 730円(写真下)

f:id:ciiiro:20190530093330j:image

金月そば 特徴

そばの種類で麺が違う

  •  ちぢれ太麺
  • ストレート麺
  • 地粉太麺(沖縄県産小麦100パーセント)

※地粉太麺は週末(金・土・日限定)

 

麺は生麺を使用

通常、沖縄そばは茹で置きした麺を使用しているところが多いなか、金月そばは生麺にこだわりを持っている。生麺ならではの麺のコシと小麦の風味が感じられる。

 

そばの種類でだしが違う。

鰹節は、鹿児島産、高知県産を使用。

豚骨、豚は紅豚を使用。

 

鰹だしは7種の魚節でだしをとっている。

 

針生姜がそえられている。

沖縄そば屋に見られる紅しょうが置かれていない。そばに添えられているのは針生姜。

 

 f:id:ciiiro:20190530093050j:image

 

金月そば おすすめ

  • 金月そば

金月そばの一番のおすすめはやっぱり「金月そば」。

鰹だしのちぢれ太麺。

別皿で出される軟骨ソーキ、スープもしっかり楽しんでほしいという想いから。

かまぼこではなく豆腐がのっているのも特徴的。

f:id:ciiiro:20190530092938j:image

 

  • 担々そば 

個人的に好きなのはこの「担々そば」も。

豚・鶏・鰹だしのストレート麺。

スープは濃厚な胡麻だしとなっている。

f:id:ciiiro:20190530092957j:image

金月そば  まとめ

  • 金月そばは生麺にこだわっている。
  • 金月そばはそばによって、麺とだしを変えている。
  • 金月そばの沖縄そば(金月そば)は、紅生姜では 針生姜、かまぼこではなく豆腐が添えられている。
  • 金月そばは、ラーメンのようなもでも沖縄そばを感じさせるニュータイプのそば屋である。

金月そばは、沖縄そば屋の概念を超えるような別ジャンルのお店でありながら、でも美味しさと原材料をしっかりと追求していることがまじめに伝わってくる、そんなお店。

人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします(切実)。

[http://
人気ブログランキング]

 

(ブログ内の関連記事) 

 

 

www.shiohirachihiro.com

 

www.shiohirachihiro.com

 

www.shiohirachihiro.com

 

(ciroのinstagram)

www.instagram.com