おきなわを暮らす、

イタリアから繋がる沖縄での生活。

沖縄のカフェでゆったり過ごすなら モフモナへ

休日の夕方。

この日は沖縄の伝統行事であるシーミー(清明祭)を主人の実家のお墓で終えてきた。シーミーだけの休日になるのもなんだからと 自宅の近くにあるモフモナでお茶でもしようということになった。

 

この可愛らしい足に迎えられる度に モフモナに来たなぁという感じがする。

f:id:ciiiro:20190403212626j:image

 

入り口入ってすぐに見えるキッチンの様子。

f:id:ciiiro:20190403212734j:image

 

沖縄カフェの草分け的な場所モフモナ!

2002年にオープンしたモフモナ今でも不動の人気のあるカフェ。にも関わらず ここにはいつ来てもゆったりとした時間が流れていてリラックスできる。

f:id:ciiiro:20190403212804j:image

 

黒板メニュー。

日替わりのごはんプレート、ケーキ、紅茶、ラッシーなどはこちらに詳細が書かれている。

f:id:ciiiro:20190403212846j:image

 

この日はデザートセットを注文。

f:id:ciiiro:20190403213227j:image

 

ディカフェのホットコーヒー。

現在、授乳中でカフェインを控えている身にとってカフェインレスを用意してくれるのは有り難い(以外とおいていないカフェが多いから)。

f:id:ciiiro:20190403212904j:image

 

主人はアイスカフェラテを。大きめのグラスにたっぷり運ばれてくる。

f:id:ciiiro:20190403212920j:image

 

ケーキはベイクドチーズケーキ

f:id:ciiiro:20190403212937j:image

 

それからチャイのシフォンケーキ。

f:id:ciiiro:20190403212957j:image

 

ケーキとコーヒーを頂きながら本を読む。

いったんぼーっとして 本棚と雑貨スペースをうろうろ。

 

物販コーナーもあり!

ここに来る直前にモフモナノザッカで買い物してきたばかり。ほぼ同じようなラインナップなんだけど カフェ空間に置かれているとより実生活に使うイメージがわいてきて もっと欲しくなる。 

f:id:ciiiro:20190403213016j:image

 

手作業ならではのモノは ひとつひとつどこか表情は違うから お気に入りのカタチが見つかればなるだけ連れて帰りたい。

f:id:ciiiro:20190403213030j:image

 

屋根裏下のスペース。

f:id:ciiiro:20190403213057j:image

 

モフモナは小さいお花の飾り方が上手だなぁと思う。

f:id:ciiiro:20190403213118j:image

 

撮りたくなる場面が多ければ多いほど その場所のチャームポイントが多いということだ。

f:id:ciiiro:20190403213208j:image

いいカフェの条件ってなんだろうと考えてみる。

モフモナのホームページには「本を片手に小旅行」というフレーズが書かれている。

美味しいコーヒーがあって 手作りのごはんとケーキがありお酒も飲める場所。そんな場所に本だけでなく買いたくなる雑貨まで並ぶ。 リアルだけど でもちょっとだけ現実から少し距離を置いたそんな空間に身を預けることで 近所といえどそれはもう確かに小旅行に値するようなものだ。

つまりは モフモナはやっぱりいいカフェだと思う。

f:id:ciiiro:20190403213139j:image 

 

(住所)

沖縄県宜野湾市宜野湾2-1-29-1F

(電話番号)
 098-893-7303 

(営業時間)
open 11:00 - 22:30

lunch & cafe time...11:00-14:30L.O.

cafe time...14:30-16:30L.O.

dinner & cafe time... 17:00-21:30L.O.

(定休日)

火曜日

※営業日や時間は変更することがあります。