チロメディア

朝ごはんとやちむんの記録、沖縄とイタリアの記憶。

サーターアンダギー を買うなら【歩】〜福を呼ぶ揚げ菓子〜

料理評論家の岸朝子が認めた味!とか、作家の林真理子のお気に入り!とか。そういうことだけでなく 何故、【歩】のサーターアンダギーは人気なのか。

 

材料も工程もシンプルで 仕上がりに花が咲いたようにと表現されるものを選べば(チューリップのような咲き方) どこのものも大差がないと思われがち、買うのも贈るのも手を抜きがちではあるのだけど(私だけか)。でも よそのモノと比べてみると 確かに歩のサーターアンダギーはなんか違う。

f:id:ciiiro:20190325163537j:image

 

 

歩のサーターアンダギーはシンプルな原材料

原材料は小麦粉、砂糖、卵黄、ミルク、ピーナッツバター、ベーキングパウダー、菜種油。

隠し味のピーナッツバターというのは言われてもほとんど気づかないけど 割ってみると卵黄だけをつかっているだけあって ほんのり黄色。そして 食べていて一番感じるのは 油っぽさが気にならないこと。

袋を開けたのは購入してから5日後。たいていのサーターアンダギーは日が経つにつれ 油がまわり 美味しくなくなってしまうのだけど 歩のは日が経ってもしっかり美味しい。ここのサーターアンダギーの強さはそこにあるらしい。

ブログ用に写真でも撮ろうかと 5つ全て袋から出したけど 1つつまむつもりが手が止まらず3つ食べてしまった。

f:id:ciiiro:20190325163553j:image

 

お店の袋の色は卵黄カラーからきているのかしら。

f:id:ciiiro:20190325163604j:image

 

 

 お土産を買うなら【歩】で!

沖縄に住んでいるとなかなか普段は 「さて、サーターアンダギーでも買いに行こうか」なんてことにはあまりならないけど。でも 県外から来た友人に渡すならここのサーターアンダギーが間違いないと思っている。

5こ入り450円、9こ入り756円、賞味期限は購入日から10日。

ちなみに 揚げたてのサーターアンダギーの美味しさは 言うまでもなく格別。もしその時間帯に合えばラッキー。

個人的には この界隈の浮島通り辺りをプラプラして小腹が空いたら 歩でサーターアンダギーを買ってつまみながら 市場一階の【コーヒースタンド小嶺】のひやしレモンで水分補給するというルートがお気に入り。

f:id:ciiiro:20190326090512j:image

【歩(あゆみ)】

https://kosetsuichiba.ti-da.net/e9054477.html

(住所)

那覇市松尾2-10-1

第一公設市場

※2019年6月16日まで現在場所営業

6月17日~6月30日 市場閉場 移転・仮設開業準備

2019/7/1~仮設市場開業 2022年3月31日 仮設営業終了

(営業時間)

10:00~売切れ次第終了
(定休日)

毎週日曜日、正月、旧正月、旧盆

(電話番号)

0988631171

(関連本)

数日前の記事

 

www.shiohirachihiro.com

 その時にも紹介したが 【歩】も【コーヒースタンド小嶺】も掲載されている本。この一冊を読んで 掲載店をまわると美味しさと嬉しさが何層にも増すと思う。

[http://

]