おきなわを暮らす、

イタリアから繋がる沖縄での生活。

イッタラ ティーマプレートとホットケーキのレシピ

何も準備してない朝は ホットケーキの確率が高い。

 

以前は ホットケーキミックスをいくつか買って試してみたけど 美味しいものだと400円近くするし その金額だったら美味しいパン屋で食パンでも買った方がいいし楽だし 安い200円台のものは仕上がりと味もまぁこんなもんだろうといった感じで 素材も気になるわけで。

 

結局 最近は 家に常備している粉とたまごとかを混ぜてつくるというところに落ち着いている。

 

バター、はちみつ、コーヒークリーム(友人から頂いた)をつけて食べた。

f:id:ciiiro:20190311115855j:image

 

この日はプレーンなホットケーキだけど 我が家では輪切りにしたソーセージを入れて焼くことも多い。それにメープルシロップをかけるとマックグリドルみたいな甘じょっぱい感じになる。

 

ホットケーキを食べる時のお皿は ittala のティーマのプレートがスタメン。

なんだかんだティーマシリーズは使い勝手がよく最強。いつか息子が大きくなって もし一人暮らしを始めるとなったらマグカップとグラス一つずつに このティーマのプレート(21センチ)とシリアルボウル(15センチ)だけは 絶対持たせると思う。ワンプレートで盛り付けられる大きさのお皿、シチューやスープの汁物以外にもオカズをどかっとよそえるボウル。汁椀を持っていなくとも 味噌汁とコーヒー、紅茶は マグカップひとつあればとりあえずは済む。ティーマシリーズは和食も洋食もジャンル問わずに対応出来て 他ジャンルのアイテムとの相性も良い。

 

と まぁ、だいぶ先の話だけど。

 

f:id:ciiiro:20190311115911j:image

 

 

今日もごちそうさまでした。

f:id:ciiiro:20190311115923j:image

 

【ホットケーキ】

薄力粉 200グラム

ベーキングパウダー 小さじ 1 

さとう 30グラム

卵1 

豆乳(無調整、調整、もしくは牛乳でもオッケイ)200ml

 

1 薄力粉とベーキングパウダーはふるっておく

2 卵は卵黄と卵白で分ける。

3 卵白をハンドミキサーで泡だて 途中さとうを2回にわけていれ メレンゲをつくる。メレンゲはすくってみてツノが立つくらいまで。

4 卵黄と豆乳を泡だて器で混ぜて そこに 1をいれて粉っぽさがなくなるまで混ぜる

5 最後に泡だてた卵白をいれて 卵白をつぶしすぎないようにゴムベラで切るように混ぜる

6 フライパンで5を焼く。この時 弱火でじっくり両面に焼き色がつくまで焼くのがポイント。いそいで焼くと生地が生焼けっぽい食感になるので注意。

 

メレンゲをつくることでよりフワッとした食感になる。もし時間がないとき めんどくさいときは メレンゲをつくらず全卵と豆乳をまぜる作業でも大丈夫。その場合は膨らみも若干控えめにはなる。

 

(関連商品)

[http://

]

 

[http://

]