おきなわを暮らす、

イタリアから繋がる沖縄での生活。

手作りグラノーラな朝

今朝はグラノーラ

f:id:ciiiro:20190226114315j:image

 

頂き物のパン(前日にわたしが半分くらい食べてしまった)に グラノーラカスピ海ヨーグルトと一緒に。

 

グラノーラがあるだけで 保存食としての安心感も大きい。寝坊してしまった朝 もしくは 朝食を食べ終わる頃 まだ物足りなければ これで微調整なんかができるのもいい。

f:id:ciiiro:20190226114330j:image

 

グラノーラってすぐなくなってしまうのは我が家だけぢゃないはず。売られているものって量が少ないし しかも美味しいところのはそれなりに値段もする。

欲張りなわたしは 大切にちょこちょこではなく こうザクザクとがっつり おかわりもしながら 一度で心ゆくまで楽しみたいのだ、グラノーラタイムを。

手作りならそれが叶う。しかも ある程度の素材にこだわっても市販のより高くはない。甘みをつけて 混ぜて オーブンへと簡単。もしかしたら ところどころムラが出るかもしれないけど。完璧ぢゃないかもしれないけど。

でもいいぢゃない、手作りなんだから。

瓶に入ったストックを抱えられるのもなんか贅沢だと感じる。

 

愛しい粒々。

グラノーラでネックレスつくったら 素敵だろうなと 昔から考えている。

f:id:ciiiro:20190226114350j:image

 

グラノーラレシピは2015年の おきなわいちばvol.49のp84を参考に都合のいいように少し変更した。

 

(材料)

オートミール 300グラム

レーズン 80グラム

くるみ 20グラム

ミックスナッツ 60グラム

 

メープルシロップ 60グラム

純黒糖 50グラム

植物オイル 75グラム

塩 小さじ二分の一

 

(作り方)

1.オーブン150度にあたためる

 

2.くるみとミックスナッツはオーブンに入れて5分乾煎りして 包丁であらくきざむ

 

3.別でオートミールもオーブンに入れ5分乾煎りする。

 

4.オーブンから出してそのまま 五分程度置いておく。

 

5.鍋にメープルシロップ、純黒糖、植物オイルを入れてよく混ぜる。

 

6.鍋の縁からふつふつとしてくるまで中火にかける。

 

7.6を大さじ2杯ほどレーズンにかけてまぜておいておく。

 

8.のこりの6を3と4にかけてまんべんなく混ぜ合わせる (この時天板にオーブンシートを敷く)

 

9.レーズン以外 シロップ類と混ぜ合わせた3と4を 敷いたオーブンシートの上にひろげて150度のオーブンに入れる。8分ごと取り出して まんべんなくまぜる。

これを4回ほど繰り返す。途中 オーブンシートに油がにじみすぎるようであれば 新しいオーブンシートを敷き直して油をとる。

全体的に茶色く色づき 乾燥してパラパラなるようならオッケイ。

※触ってみて湿り気があるようならまだ乾燥が足りないので オーブンの温度110度に下げて 様子を見ながらさらに乾燥させる。

 

10.レーズンは焼きすぎると固くなるので 別でオーブンに入れる、150度で20〜25分程度。焼いた直後は熱くて柔らかいが冷めたら固くなる。

 

11.それぞれバッドに広げでしっかりと冷まし その後で全体的に混ぜ合わせる。

 

 

*2019-03-12

レシピ改善変更しました。

 

「関連本」

[http://]