おきなわを暮らす、

イタリアから繋がる沖縄での生活。

BIERTA(ビエルタ)のクロスドライヤーで部屋干しも気持ちよく!

部屋干しの画が好きっていう人もなかなかいないと思うけど。

 

北イタリアに住んでいる時は むこうの天候で夏場は3,4時間で洗濯物が乾くし、冬場 日が出ない時は部屋の側にあるボイラーが置かれたところを物干し部屋にしていたので 室内で洗濯物を干すことはなかった。

 

どんなにお気に入りのモノをつかって気分よく生活していても 部屋干しにはそれを一掃してしまう破壊力があると思っている。

 

だから 沖縄に戻ってきて 物件を探す時の大きな決め手の一つになったことは 浴室乾燥がついていたこと。それから洗濯機を選ぶ時はもちろん乾燥付きにした。

 

それでもこの沖縄の湿度、変わりやすい天気。

取り込んだ洗濯物 微妙にしっとりするモノもちらほら。

乾燥機にはかけたくないもの(縮むし) 浴室も少しでも水分が残った状態で浴室乾燥する状態にもっていくのに時間がかかる(洗濯物の為にお風呂を待つのも嫌だし)とか、、

要は乾燥機に入れられないもの 浴室乾燥をセッティングするまでもないのがいくつか出てくるのだ。つまり どうしても避けられない時がある、部屋干しが。しかも わりと高い頻度で。

 

いろいろ考えて インスタで見かけていたBIERTA(ビエルタ)のクロスドライヤーを一月前に購入した。

ネットでの口コミ評価もなかなかだったけど やっぱり買って良かった。

 

 まず置いていて嫌ぢゃないビジュアル。それから折りたためて重さも約2.7kgと軽いのも大きなポイント。

f:id:ciiiro:20190219120833j:image

 

材質はビーチ(ブナ)。

f:id:ciiiro:20190219120853j:image  

 

組み立てるという大げさな作業はなく 使いたいときに 開くだけというイメージ。畳まれた状態から持ち上げて ストッパーを開き 物干し棒を切り込みに通してから、ストッパーを再度閉める仕組み。

f:id:ciiiro:20190219122440j:image 

 

f:id:ciiiro:20190219141527j:image

 

高さは2段階に調節可能。

113cmと145cm(底面から、少し飛び出た部分までで計測)

買う前に心配だったことは 狭い我が家を圧迫しないかどうか。でもいざ置いてみると全然気にならない。

 

あとは ネットだと画像が見つけられなかった接続部などの状態。

ネジやホッチキスなどもうるさくなくて良かった。

f:id:ciiiro:20190219142346j:image

 

暮らしていく上で ある程度の生活感は妥協点だとしても その画を日々の中で好きでいられるかどうかで 毎日の質が全然違ってくると思う。

 

ちなみに 料理人の主人は部屋干しの様子を見て「生パスタを打った後に それを乾燥させる為に吊るすのにもちょうど良さそうだね」と言っていた。

f:id:ciiiro:20190219123348j:image 

 

畳んで立てかける、どの向きが正しいのかよく分からないけど。

なんか影も綺麗だから今のところこうしている。

f:id:ciiiro:20190219233739j:image

 

[http://

]