名護の老舗・名店 !『カレー屋たんぽぽ』

名護にはおいしいお店が多い。

パンだとリンドンパンドカイト、沖縄そばだと八重食堂、カフェだと波羅蜜など。

とまぁ、他にも行きたいところが多くて困るのだけど、今日はカレーで有名なここへ。

f:id:ciiiro:20190710154949j:image

 

カレー屋 たんぽぽの基本情報

(住所)

沖縄県名護市大南1−11−7

(電話番号)

0980534073

(営業時間)

月・水・木・金

11時〜15時

18時〜22時半

土・日

 11時〜15時

17時〜22時半

(ラストオーダー:21時半)

(店休日)

火曜日

※火曜日が祝日の場合は営業、翌日がお休み。

(駐車場)

あり。

 

カレー屋 たんぽぽのメニュー

私たちが注文したメニューがこちら。

  • 単品カツカレー(手前) ¥1,030
  • 単品ビーフカレー(奥) ¥1,050

カレールーは一種類のみ、あとはシンプルにトッピングを選ぶ。

たんぽぽのカレーはいわゆるスパイスがしっかり効いたそれでいてマイルドな欧風カレー。

テーブルに運ばれてきた佇まいが既に素敵。

ソースポットに入ったカレー、銀皿にのったライスとカツは、誠にお見事。

定番人気のカツは衣の感じもちょうど良くお肉も柔らかいし、脂っこくない。

みんながこれをお目当てにする理由もうなずける。

ビーフカレーは、食べ比べると一瞬 同じカレールーとは感じないくらいより旨味が増した感じだった。

プラス50円でライス大盛り可能。

f:id:ciiiro:20190710162006j:image

らっきょう、福神漬け、甘めのピクルスも添えて。

f:id:ciiiro:20190710202834j:image

ちなみにカレーセットには、サラダ・フルーツ・メイグルト(!)・珈琲か紅茶つき。

値段はライスカレーの¥1,180〜ビーフカレーの¥1,500まで。

カレー屋 たんぽぽで辛さに挑戦

たんぽぽの特徴はお好みの辛さで注文してもらえること。

以下、こんな感じのレベル。

  • ソフト 

甘口、クリーム入り。

  • マイルド

普通の辛さ。

  • ホット1倍

ほどよい辛さ。

  • ホット2倍

舌にピリッとくる辛さ。

  • ホット3倍

タバスコの辛さ(30円プラス)

  • ホット4倍

背中に汗が出る辛さ(50円プラス)

  • ホット5倍

涙が止まらない辛さ(100円プラス)

 私たちはのものは両方マイルド。

確かに辛さのレベルはごく普通、一口二口のお水くらいで一皿食べきれる感じだった。

他の方のブログで読んだけど、ホット5倍は超絶辛いらしいので要注意。

f:id:ciiiro:20190710162108j:image

 

カレー屋 たんぽぽの店内様子

たんぽぽの魅力は、カレーと同じくらい店内の雰囲気にあると思う。

 もともとは、店主のお母さんがここでパーラーを開いたのが始まりとのこと。

f:id:ciiiro:20190710161605j:image

アーチをくぐって店内に入ると、カウンター席とボックス席がある。

f:id:ciiiro:20190710161629j:image

ボックス席を仕切るガラス。

f:id:ciiiro:20190710161656j:image

店内の備品使い。

f:id:ciiiro:20190710161803j:image

一見すると、1つのテイストではくくれない雰囲気もありつつ、でも全体的なトーンがまとまりがいいというかとても居心地のいい空間。

f:id:ciiiro:20190710161902j:image

今日は平日の12時半くらいに到着して、カウンター以外は満席。その後もひっきりなしにお客さんが続々と。テーブル席(ボックス席)希望であれば、事前に予約するのがベター!

ただ、注文してからカレーが出てくるまでそんなに待たなかったし、さっと食べて出ていかれる人も多かったのでお客さんの回転自体は早いかも。

でもまぁとにかく。

『カレー屋たんぽぽ』は、みんなが通いたくなるのがすごくよく理解出来るお店。

f:id:ciiiro:20190710210914j:image

人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります、どうぞ宜しくお願いします。


人気ブログランキング

(こちらの記事もよく読まれています) 

www.shiohirachihiro.com

www.shiohirachihiro.com

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です