沖縄のmiyagiya(ミヤギヤ)はやちむんからファッションまで楽しめるお店

Pocket

ここ10年ちょっとで 沖縄のお店事情はとても変わったことを 新たにこの土地で生活しながら肌で感じている。

それは流行に敏感で器用な日本人だから、 移ろいやすい日本だから 国内 どこもそんな感じだと ひとくくりには出来ない部分であると思う。

まぁ 理由はどうであれ。

その土地でつくられるモノをフィーチャーするお店が増えたことは 沖縄人として喜ばしいことである。

気になっていたmiyagiya(ミヤギヤ)にようやく行けた。

 

沖縄/miyagiya(ミヤギヤ)のおすすめポイント

  • やちむんからお洋服まで買えるお店

お店は通りを挟んで2つの建物に分かれている。

この写真は白い建物側で、主にやちむんとガラス、食品を中心に扱っている。

f:id:ciiiro:20190226094455j:image
f:id:ciiiro:20190226094514j:image

f:id:ciiiro:20190226094527j:image

もう一つの建物はここのすぐ向かいにある。

そちらでは主にお洋服や小物などのアパレル中心のものが並んでいる。 

miyagiya(ミヤギヤ)で扱う商品は、やちむんもガラスも洋服やアクセサリーもどれも一定のしっかりした基準で いい意味で同じ目線で選ばれているのが伝わってくる。「生活に寄り添うものであるかどうか」ということを大切にされているという店主の宮城さんの想いも伝わってくる。

それから、miyagiya(ミヤギヤ)のホームページにこう記されている。
『miyagiyaを通して、沖縄を想い、まだ知らぬ沖縄を知る機会になっていただきたいという思いがつまっています。』

地域活性化うんぬんという観点も一旦は置いておいて。純粋にいいな 欲しいな と思うモノが並んでいたらから 楽しかったし嬉しかった。

買い物した帰り道に また買い物しに行きたくなる。なおかつ 沖縄の多様性ある作り手の今と これからの可能性を教えてくれるそんなお店。

f:id:ciiiro:20190226094601j:image

 

miyagiya(ミヤギヤ)

(住所)

那覇市松尾2-12-22

(電話番号)

0988691426

(営業時間)

12:00〜19:00

水曜休/臨時休業あり

(駐車場)

  • miyagiya(ミヤギヤ)白い建物側のすぐ右隣にコインパーキングあり。
  • もしくは時間に余裕のある方は桜坂劇場すぐななめ向かいの駐車場が安くておすすめ(確か、5時間で500円くらい)。miyagiya(ミヤギヤ)まで徒歩10分もかからず、且つ壺屋通りや国際通り周辺も散歩しやすい。

(関連本)

本の帯にもあるように ガイドブックには載らない地元スポットが 沖縄在住のクリエイター達の目線で紹介されている。miyagiyaオーナーの宮城さんの口コミもある。

by
関連記事